講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

こんなハンドボール選手になれ。と言われたら選手として嬉しい。すごくうれしい。

IMG_2340.JPG
どんな選手になりたいか?

と自分で自分に問うと、いろんなことを考えるのです。

自分が観客だった場合、どんな選手を応援するか?とか、

自分が中学生だった場合は?

自分が指導者だった場合は?など。

端的に言えば、

キラキラした選手になりたい。

と思っていますが、抽象的ですね(笑)

でも、もう一つあって

指導者が、「あんな選手になりなさい」と言ってくれるような選手になりたいと思います。

まぁ、これまで言われたことはないよね。

神の嫉妬にヒパヒパされたこともないけど。(笑)

ハンドボール選手として一番の名誉は

やっぱり年間最優秀選手なんだろうけど。

指導者がぜひ目指してほしいと思える選手。

メカルみたいなプレイをしろ。と言われたら、

ハンドボールしててよかったと思うでしょうね、きっと。

もちろん、メカルの代名詞的なものすごい高いジャンプシュートとか、

切り裂くようなフェイントがあればいいけどね。。。(笑)

銘苅淳のこれまでで最高のプレイは?と問われた場合、

きっとこのプレイを選ぶでしょうね。

これなら、まだ生まれてこない子どもにも自信をもって見せることができる(笑)

え、どっからルーズボール取ってんの?って今見ても思う。

だけど、この時のこと覚えているけど、絶対取れると思ったんだよねー。

明日は昨シーズン在籍したGyongyosでリーグ戦。

懐かしい街に帰ります。

楽しみですねー。

少しは記憶に残る日本人になれるように準備したいと思います。

2014年も317日連続でいい1日でした☆

シェアする

フォローする

コメント

  1. きんぎょ より:

    2つ目のシーンは2009年の総合ですよね。

    この試合、観戦してましたよ☆

    何回見てもすごいです。

    • mkrats43 より:

      あの時、膝をすりむいて痛かったのですが、まぁ納得のプレイができてよかったです(笑)

      得点だけがハンドボール選手の評価ではないですが、得点につながるプレイをしていきたいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。