講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

5月19、26日

6月の依頼も来ていますので、

夏休み中などもお気軽にお問い合わせください。

わかったこと

100808_0906171.jpg
今日は刈谷の花火大会でした
直接会場で見てはいませんが、わかったことがあります
1、浴衣を着た女性は女性としての魅力を倍増させる
2、花火にまつわるドリカムの歌はやっぱり素晴らしい☆
3、花火を見ているとなぜか口が開いてきてしまう
4、花火の光に映し出された横顔はなんか映画のワンシーンみたいだ
5、花火はみんなをハッピーにしてくれる♪
こんなもんでしょうか??
そして、番外編として、中京大中京が大敗しました
彼らはあれだけボロ負けした経験というのは恐らくないでしょう…
でも、逆の立場で県大会ではコールド勝ちをしたことはあるでしょう…
勝ってるときなんて何してもうまくいくものです
そんなときに野球を尊重しているかどうかがメカルの注目ポイントでした
実際、あれだけ点差がつくと現実的に勝ちを求めるということは難しくなります
しかし、目の前の課題に対して最大限の努力をすることはできます
野球を尊重して、プレーヤーとして恥ずかしくない言動をとることが出来るかどうかが大事です
メカルは試合の途中で寝てしまいましたが、どうせ負けるなら大敗した方がよかったと思いました
負けた人間の気持ちがわかるというのは綺麗事かも知れませんが、実際にあれだけ点差がついて、県大会でコールド負けしたチームの気持ちが理解できることもあります
どんな情況でも手を抜かずに最後まで真摯に対戦してくれたらうれしいものです
勝ってるからといって相手チームを尊重しない言動をするのは恥ずかしいことです
実際のところ中京の選手がどう感じたかわかりませんが、彼らのこの先の野球人生でいくら調子が良くて大勝していても相手チームを馬鹿にするようなこと、野球を卑下するようなことはしないと思います
それがわかっただけでも甲子園で一回勝って、一回ボロ負けした価値はあると思います…
なんて感じた今日この頃でした♪
あの夏の花火を聴きながら寝ます☆
明日の目標:ハンドボールを尊重する
〓〓めかりー〓〓

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. ハンドボール市市民 より:

    めかりーさん、初めまして!
    いつも、「そうそう!」とか「ちょっと違うな!」とか
    「そんな風に感じるんだぁ・・」と、自分の事と重ね合わせながら
    楽しかったり、勉強になったり、悲しかったり(笑)・・と、
    色々な感情を引き出して貰いながら読ませて頂いております☆
    今日の日記も、私の問題とは少し異なるのですが、
    「周りから見ると、そんな風にとられるのかもしれないなぁ・・」
    と、大変参考になり有難かったです♪
    ネットな世界は、とても便利ではありますが、
    きちんとした会話を持とうと思っても
    その手立てがなかなかみつからなかったりと
    難しい部分も多く、困る事も少なくありません(汗)
    しかし、たまたま覗いためかりーさんのブログで
    「ハンドボール市」という、思わぬつながりがみつかるという
    ミラクル☆も起きたり、不可思議な世界でもあります。
    といっても、
    きっかけはやっぱり「銘刈」というお名前に他なりません(笑)
    ハンドは中学の授業だけの関わりしか持たない者より
    ※ 『尊重』・・ですよねっ!

  2. マイケル より:

    対戦相手を 見下したり 見上げたり するな
    相手は関係ない 自分のプレーを 全力でするだけ
    ワンプレーに対する ひたむきさが大事
    スポーツは 性格 以上 言いたいことでした

  3. きんぎょ より:

    そうそう、花火を見てる時は口元が緩みますね(笑)
    昨日はこちらでも花火大会がありました。見に行かなかったけど、家の中にいても音だけはよく聞こえました。

  4. クマ より:

    おばんです☆去年花巻東が負けた中京大中京だから今年はちょっと応援してました!(b^ー°)
    あの試合のインタビュー…早実のピッチャーの子が中京大中京は連覇とゆう重圧があって戦ってきた素晴らしいチームだと讃えていました☆
    勝ち続ける難しさ、負けるからこそわかる1パフォーマンスの大切さ、高校生のうちから素晴らしいことを身につけられる子達は幸せですね☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。