さすがは現代人

DSCN06081.jpg


今日は大学の研究室で面白いものを見つけました
20年以上前のテレビ番組
司会はまる見えの楠本さんと古館一郎
番組名は「スポーツをすると人間の体はこう変わる」というもの
20年以上前の常識でテレビを作っているのですが、それがまた面白い
スポーツをしないとどうなるか?
から検証を始めて、スポーツが体に及ぼす影響を調べています
その実験方法ですが、なんと「ベッドレスト25日間」
このベッドレストですが、体育人なら聞いたことがあるかもしれませんが、
ベッドの上で基本的に動かずに生活するというもの
本を読むのも、テレビを見るのも、食事をするにも、何をするにもベッドの上。
これは考えただけでも相当きつい・・・
司会の人は「さすがは現代人。読書をしながらテレビを見るという技をしています」と言っていました笑
あの頃も「現代人は・・・」みたいな感じで若い人を珍しがっていました笑
実験中は一日に何回もバイタルチェックして、お風呂にも入れず体をふくだけ。
実験終了後はまっすぐ歩くこともままならず、そんな状態でVO2MAXを測ってました・・・死ぬね。
その結果、身長は2センチ程度伸びて、心臓の容積は平均17%減って、皮下脂肪は増えて筋力は落ちるという常識的なことが実験結果として表れました。また、精神的に参ってしまうことも調べられました。
その反対の運動をするとどうなるかという実験もあって、運動なんてほとんどしたことない人に4時間エアロビクスをしてもらったり、大学生に10時間連続水泳をさせたりと、いま考えたらめちゃくちゃな実験でした笑
10時間泳ぐことができなかったので途中で温水で体温をあげるということもしてました
いや~、実験というのは大変だ
でも、それを平気でさせているからびっくりですよね。
結果としては今も昔も常識はあまり変わりません・・・
でも見てて面白かったです☆
それをハンドボールにどう活用するかは別として「下垂体からACTHというホルモンが出て・・・」という文言に懐かしさを覚えテンションが上がったのでした笑
知ってる人は知っている。
副腎皮質分泌ホルモンだっけ??忘れた。誰か教えて♪
明日も暑くなりそうですが、太陽と友達していきましょう☆
明日の目標:太陽と重力と友達になる
画像は二年前ハンガリーにて
後ろの看板も一緒にご覧ください♪

Commentsこの記事についたコメント

コメントはまだありません
  • 脳ミソ より:

    副腎皮質刺激ホルモン♪

  • あん子 より:

    スポーツ化学は発展しましたよね・・・
    昔こんな事してたのかぁと振り返ると面白いですね。でも昔があるから今がある。でもでも昔の常識は今の非常識なんて事多々あります(笑)

  • きんぎょ より:

    ベットレストで身長が約2cm程度も伸びるなんて意外です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。