最後は自分で負けたこと

 昨日のサッカー日本代表はPK戦で負けてしまいました
守りに守ってPKで負けてしまったのは残念です
最後、あの状況で蹴る気持ちはどうなんでしょう・・・
メカルだったら嫌ですね。今は。。
日本国民全部の期待を背負って蹴るのは正直怖いです。
自分のミスで試合が決まることは非常に怖いです

でも、あの現場にいたら・・・
自分しかいないでしょ!!!

と自分に蹴らしてくれと言ってるのかも??
いや、まだそんな覚悟はないかも??
メカルもそんな経験があります
ハンドボールをはじめて2ヶ月くらいのとき、地区大会がありました
当時の監督からの指示は
「ポストで構えておけ。上が動いてパスするから」
フリースローになったら、
「メカルー。打て!!」

と3,4人並ばせてフリースローを打っていました笑
クリックで挿入


2ヶ月じゃまだ何もわかりませんからね。
そんな地区大会では絶好調で、前半で10点差くらい離して勝っていました
しかし、後半になるとシュートが全く入らずに同点。
延長がなくすぐに7mTHコンテストになりました
ハンドボールをはじめて2ヶ月。
7mを打つときは左足を動かしてはダメ
というルールしか知らず、それでも打っていました
投げ方は野球のセットポジションから左足を動かさずに
「ぬぅん!!」

って感じで全力投球♪
そして全部決めていました☆
7mTHコンテストは3人ずつ打つのですが、メカルはこのとき2番目。
そして、得意の流しを打ったら、、、見事に取られました。
「やばい・・・」
という雰囲気の中、メカルのチームのGKがシュートをとってくれ、サドンデス方式に
GKが取った時点でメカルは負けなくてよかったという安堵からすっかり気が抜けていて、
まさかサドンデスはずしたメカルが打つわけない・・・
がBUT、
「あつし、お前が行け!!」の指示。
びビルメカル。
そしてメカルの肩に手を置いて
「おい、頭の上を打て」

え~~~~~。。。

無理です、そんなの。。。
この状況で頭の上なんてコントロールできるわけないじゃないですか~
でも、打つしかないんですよ、指名されたからには。。。
そこでメカルは考えた
当時、一番自信のあった流し上に打とう、と。
会場中が見つめる中、7mのラインの前に。
レフェリーの笛がなる
「さぁ、メカル、セットポジションから流しの上に投げました~」
というような状況下。
結果は中途半端な流し中段。というよりもキーパーの身体の近く。。。
案の定取られてしまい、その試合は負けました・・・
「やばい~どうしよう・・・。先輩たちの大会なのに~」と思っていました。
クリックで挿入クリックで挿入
それでシードを逃し、県大会はナンバー1の神森と当ってしまい早々に負けました
なんとも苦い思い出です。
そしてそれからはあんまり7mを打たせてもらうこともありませんでした。
高校、大学と大した練習もせずに、7mもそう打たず、なぜか車体に入ってから打つようになったというね。。。笑
メカルなんて那覇地区のプレッシャーですが、代表となれば・・・計り知れないですね。
でもきっと、そういう人が何かを言ったときに言葉の重みというのはずっしりときますよね。
駒野選手でしたっけ??これからの活躍に期待です。
それにしても、調子が悪いと叩かれて、いいときは応援されて、
代表監督も大変ですね。。。
まぁそれが代表監督なんでしょうか、酒巻さんのことも間近で見てるだけあって、
何が起きても
「岡ちゃん、酒ちゃん頑張れ!!」
って思っていましたよ☆
もちろん酒ちゃんとは言えませんけど・・・笑
でもいつか、酒巻さんが全国的に有名で愛される代表監督になって
「酒ちゃんの愛称で親しまわれているハンドボール日本代表監督、酒巻氏が・・・」
というテレビのアナウンスが聞こえるかもしれませんね☆
あぁ楽しみだ♪
明日の目標:すべてにおいて誰にも恥じない取り組みをする
画像はリーグのHPからお借りしました!

Commentsこの記事についたコメント

コメントはまだありません
  • 9121 より:

    自分は7mスロー、好きです。
    ブログを読んでいたら、今までの7mスローで仲間からかけられた声とか、監督から言われた言葉とか、当時の記憶が鮮明に思い出されました。
    7mスローって試合の大事な場面が多いから、それにまつわるエピソードや思い出って結構ありますね。
    酒ちゃん(笑)
    呼んでみてほしいです。

  • ちいさなおこちゃま より:

    昨夜は最後までTV観戦し、寝不足の私です。
    負けはしましたが気持ちのこもったいい試合を
    観たな~、と。駒野選手、前を向いて帰国して
    ほしいです。
    銘苅くんは7mスローの印象がありますが
    そんな過去があったのですね。それだけ
    心身ともに強くなった、ということですよ!
    これからも期待しています!!!

  • あん子 より:

    サッカーはハンドやバレーと違って得点が入らないから、何かワクワクドキドキ感が少なくって私的に物足りない感でイライラしてくるんであまり見ないんですが、見ちゃいました。あれだけ長い試合してPKであっさり決まるのは残酷ぅ~。一人の選手を責める訳にもいかず選手達の虚脱感はハンパないでしょうね。お疲れ様でした。
    私も球速「だけ」は早かったからPTは打たされてました。
    あんまハズした記憶はないのですが、ハズしてても記憶から抹消したのかも・・・(当時のチ-ムメイトの方々ごめんなさい)

  • きんぎょ より:

    mekaさんがいつの日か代表監督になって
    「めかり~の愛称で親しまわれ、常にハンドボール普及に力を注いでいる、ハンドボール日本代表監督、銘苅氏が・・・」
    と、テレビのアナウンスが聞こえる日を楽しみにしています。

  • クマ より:

    こんにちは☆
    7mスロー合戦になった時の負けは個人のせいではないと私は思ってるんです☆
    個人は責められるかもしれないけど、サッカーもハンドボールも団体競技だから…サッカーのほうが1点取るのは難しいだろうけど、1点取らなきゃ勝ちはない…DFをいくら頑張っても勝ちはない…だから1点を取るために日々シュート練習を繰り返し繰り返しやるんですもんね☆
    と…PKや7mに関してはもっと思うことはありますが…ものすごく長くなりそうなので…サッカーの試合をうちの高校生が観てくれていることを願って終了♪

  • ガッチャ より:

    岡ちゃんと酒ちゃんは、雰囲気が似ている気がします。
    日本代表監督として、背負うものが重なるからかな?
    今回のサッカーの結果は、代表選手とスタッフだけでなく、予選に出た選手はもちろん、先代の悔し涙や関係者の地道な取り組みが繋がった結果だと思います!
    ハンドも、オリンピック出場に向けて、関係者みんなで頑張ってほしいです?
    そして、めかる選手には、ぜひともコートの上で、その熱い気持ちを表現してくれたら、ファンとしてとても嬉しいです。
    応援しています?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。