講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

5月19、26日

6月の依頼も来ていますので、

夏休み中などもお気軽にお問い合わせください。

明日は何の日

IMG_6807~001.jpg
知ってる人は知っている
沖縄県ではただの一日ではない
メカルのblogを昔から読んでいるひとも知っているかも…
そう、正解は…??
慰霊の日
65年前、沖縄戦の組織的戦闘が終わった日とされています
何故この日なのか…??
沖縄戦最高司令官、牛島満中将が22日深夜、自決したからとされています
沖縄県民なら知っていますよね~
実際はその後も、隠れていたり、敗戦を知らない日本兵が抵抗をしたりして完全に沖縄戦が終了したのは9月7日となります
この沖縄戦では日米、住民あわせて20万人以上の人が亡くなっています
いま住んでる刈谷市が15万人なのでそれ以上となります
昨日はテレビで桜井君が沖縄戦について特集をしていました
著書もある宮良ルリさんのインタビューで
「みんな死んでしまった。私は生きてしまった。死んだ友人からは蛆がわいている。そんな友人を見なきゃいけなかった私の気持ちがわかりますか??」
と問いかけていました
当時ひめゆり学徒隊として従軍した方もいまは80歳を超えています
いつかは当時を知る人はいなくなってしまいます
若い人に沖縄戦を知ってほしい…
そんなんじゃありません
65歳以下の人は戦争を知りません
65歳以下の人たちに過去にあった事実を話して、何かを心に留めて欲しいという願いをこめて語りべをされているそうです
メカルのblogをパソコンから見てもらうとサイドバーに本棚があります
その中に紹介してある本は大体がメカルが小学生の時に読んだ本です
皆さんも機会があればぜひ手にとって読んでみてください!!
過去を変えることはできません、しかし捉え方を変えることができる
と、生徒指導、教育相談の授業でならいました
がしかし、こればかりは捉え方も変わらないと思います
戦争があった
たくさんの人が死んだ
たくさんの人が悲しい思いをした
今でも基地問題や当時を思い出してで苦しんでいる人がいる
いい教訓としてとか、あれがあったからいまの平和があるとかそんなんではありません
捉え方を変えることはできません
過去をしっかりと見つめて、当時の問題を学んで、一人一人が平和について心のどこかに何かしらの意識を持つのがこの日なんだと思います
とかいうメカルも全く当時を知りません
でも、たまに考えることがあります
梅雨を乗り越え、暑さをしのぎ、恐怖に怯え、希望も持てず…
そんな情況に比べたら、今日も大好きな人に不幸があったわけでもなく、食べるものに困らずに、自分の好きなことをして、事故に遭うこともなく、快適な環境で眠り明日を迎えることができる
こんなに素晴らしいことはないなと。
メカルのご先祖をはじめ戦争で死んだおじぃも、天国のばぁばぁも、沖縄にいる祖父母も、みんながメカルを見守ってくれたことが嬉しいです☆
大好きな沖縄ですが、悲しい過去もあります
去年も書きましたが、青い海、澄んだ空、鮮やかな自然の裏側には悲しい過去があり、それを乗り越えてきた先人たちの努力があったことを忘れてはいけないと思います
沖縄県民以外の人から見たら365分の1である23日ですが、沖縄出身の人間からしたら大事な一日です
皆さんもこの機会にどうか一緒に平和についての想いを心のどこかに何かしらのものをおいて下されば幸いです
明日の目標:12時に黙祷する
〓〓めかりー〓〓

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. クマ より:

    おはようございます☆
    何を言ってもきれい事にしかならない気がするから…今日を、明日を私なりに感謝しながら精一杯生きます!!

  2. ちいさなおこちゃま より:

    何も知らない私ですが、少しずつでも子供達に
    そういったことがあった、ということを知らせたいと
    思います。
    今、彼らにとって伯父にあたる私の兄が沖縄に
    住んでいるのできっかけになりそうです。
    今日も元気でいられることに感謝しつつ。

  3. あん子 より:

    私もそのTV見ました。宮良さんのその言葉、すごく身にしみて
    涙が出ました。そして米兵に捕まりそうになった人達は皆自決の道を迷わず選んだそうですが「死んだらダメだったんです。何があっても生きてなければいけなかったんです」の言葉。今を普通に生きて生活できてる事にもっと感謝しなきゃいけない・・・と思いました。
    沖縄には悲しい記念日が多すぎますね。。。  黙祷

  4. きんぎょ より:

    衣食住不自由なく暮らせていることに感謝して過ごしたいと思います。

  5. メン より:

    沖縄戦に 今度行って 見にいこうと思いました

  6. 陽子 より:

    本日、午後のレクリェーションを始める前に
    利用者様および職員全員で黙祷を行いました。
    癒えない悲しみを抱き続けている利用者様と
    そこに想いを添わせるしか出来ない私たち。。。
    46名全員で恒久の平和を祈りました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。