講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

5月19、26日

6月の依頼も来ていますので、

夏休み中などもお気軽にお問い合わせください。

○○な人間が集まれば・・・

100217_2150411.jpg
今日のリハビリはいつもよりも利用者さんが少ない日
そんな今日はいろんな話をしました
今日のお題は引き続き投げ方の指導についてです
野球が専門のPTの先生に聞いてみたところ、
バックスイングの時には肩の外旋が伴います
簡単に言うと肩を開いて後方に持っていくということです
その時の手首の位置だとか、どこを先に持っていくかだとか、
肘がどうだとか、ボールはどこを向いているのだとか・・・
ひとつの動作に対して沢山、考える余地があるんです
PTの人もメカルもそうですが、
指導するには怪我なく、しかも効率よく、そして試合に使えるような動きでなくてはいけません。
なおかつ、それがあまりものを考えなくても言ったとおりにやったらできちゃった。
知らず知らずのうちに良い習慣を身体が覚えた。
なら良い。。。
そして楽しかったらさらに良い!!
PTの人には楽しくなきゃいけないの??
と言われましたが、楽しくないと子供たちはやってはくれませんからね☆
だから、メカルは動きを研究もするのですが、表現の方法も同じくらい考えます
「ダァッ」と投げる
だけではダメですから笑
今日はバックスイングトレーニングを有名なアニメの必殺技にしたらどうか??
という話をしていました♪
少しエクササイズを入れて、そのままバックスイング完了☆みたいな。
野球のボールとは違うので、同じようにはできないんです。
でも、理想は野球のボールみたいにガンガン振り回せることですよね。
サッカーは足でやるからボールの扱いが難しいし、
バスケットはボールが大きくて重いから両手で扱う。
ハンドボールは片手だから、反対の手が自由に使えるし、
身体も動かしやすく、多様なボールコントロールが可能です
でも、それはボールをつかむことがいかに大事かってことになります
だから、小学生とか、手の小さい子はボールをつかむということに苦労して、
掌に乗せるような感じになってしまい、肘が下がってしまい技術的に発展させることが難しくなります
そんな感じで投げる動作を習得すると、大きくなってからもその習慣はなかなか抜けません
だから、ボールをつかむという動作は研究というか、トレーニングが大事になってきます
そのトレーニングをどうやればよいか??
それから投げる動作にどうやって結び付けるのか??
そしてそれをどう楽しく伝えていくのか・・・??
考えたらきりがないのですが、だから面白いんですよね~
先生によって専門も違うし、伝え方や考え方が違うから
話をしているだけで楽しいんですよ~
楽しいというか学びの場になって、メカルに新しい知識が入ってくるのがうれしいです
今日考えたことはいつか講習会に使いたいと思います☆
ボールをつかんで投げるという何気ない動作ですが、
ハンドボールでは大事なので、初心者や未経験者にとってはいい方法かもしれません
その表現がウケるのかどうか・・・??
やってみないとわかりませんね。
いつか機会があったらやってみたいと思います
その時はイベント社にも手伝ってもらいますね~笑
画像は大学一年のときのメカルと三年の生さん
あの時はユニホームがピチピチすぎで相手チームに笑われていました(笑)

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. きんぎょ より:

    リハビリしながらも、常にハンドボールのことを考えているんですね。
    大学のユニホームはみんな同じサイズで作るんですか?
    岩永選手と比べて袖が短くなっちゃってる~。

  2. クマ より:

    おばんです☆新入生が入部してくる4月♪8人入部してくれました(*^o^*)♪体育でハンドボール投げたことあります程度の子ばかりのうちの高校ですから…まぁ…教えるのは一からです☆
    筋肉もなきゃ…両面テープからボールが放れない…かわいいもんです♪
    ある先生が『女の子はオッ○イがあるからどうしても左腕で隠そうとするんだよ、だから自分のことを女と思うな!!』って教えてました(笑)
    …確かに一理ある(笑)
    成長過程が楽しみです♪

  3. 香織 より:

    本当にハンド大好きですねo(^-^)o
    私は昔からの筑波大応援者です(^_^)
    写真、メカルさん若い!!
    メカルさんが大きいのか生さんが細いのか(笑)
    生さんはそんなに細くてよくあんなシュートが打てますよね♪
    メカルさんが1年生とゆうことはインカレ何年ぶりか優勝した年ですか??
    盛り上がった年ですね(^O^)

  4. ちいさなおこちゃま より:

    投げる、ただそれだけのことが奥深いですね。
    うちの息子でよかったら色々試してくださ~い。
    本当に投げれないんですよ(’ ‘;)
    ゆっくり考え、いろいろな方とお話して。全て
    ハンドとつながってて興味深いです。
    それにしても岩永選手は細いですね~。
    今も、ですよね~。

  5. smile より:

    プレースタイルが全く違うお二人
    若いですねーーー
    そしてお二人とも日本を代表する
    イケメン選手ですね!!!!!
    写真は何を話しているのか・・・
    メカリーの笑顔が気になります^^(笑)

  6. オベントウ より:

    癖とか個性ってナカナカ修正できないからStartって大切だね☆
    フミも昔からフォームの癖が抜けず悩んだコトあるケド…
    怪我せずこれたからそれは良かったのかなぁ♪

  7. meka より:

    きんぎょさん
    いつ作ったのかわからないほど古かったので、
    メカルが2年になる時には新しくしました笑
    クマさん
    メカルはハンドボールだから女は捨てろなんてことは絶対にいません。
    女らしくしろ!!でもないなぁ。。。
    女性は女性の品の中でハンドボールすればいいです。
    その証拠にヨーロッパの選手は女を捨てていませんし、
    みんな綺麗な選手です☆
    香織さん
    そうです、
    この写真はきっとリーグ戦だと思いますが、
    メカルが1年の時です。
    生さんは学生の時から天才でした、いろんな意味で☆
    あのときが懐かしいです笑
    ちいさなおこちゃまさん
    試してみますか??笑
    大したことはないんです。
    ただちょっとした表現とモチベーションの上げ方です↑↑↑
    smileさん
    生さんはあのときからイケメンでした
    メカルはというとなんか田舎っぽい顔していますね笑
    話の内容はきっと試合に全く関係のない、どうでもいい話だと思います笑
    オベントウさん
    怪我をしない、させないってのが一番大事です。
    フォームってかっこ悪くても入ればいいし、
    怪我しなかったら、世界で唯一のプレイになりますからね☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。