講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

ジャンプシュートの基本。最高到達点でシュートを打つ。

  • ジャンプする意識を変える
  • ボールはどこにもっていく?
  • 高くジャンプするためには
  • リリースポイントを変えてみる

bana_belegend

今日はコメントに質問があったので。

最高到達点でシュートを打つにはどうしたらいいですか??

とのこと。

実際にシュートを見たわけではないので、具体的なことは言えないのですが、

一般的に、そしてメカルの考え方に偏ったことを書いてみます。

質問があったのが女性のハンドボーラーです。

ジャンプする意識を変える

誰でもジャンプを高く跳ぼうとしますよね。

でも、その時、どうやって踏み切って、どこに向かって跳んでいますか?

ゴールに対してまっすぐに走ってジャンプすると、やはり前に跳んでしまいますよね。

前に跳ぶということは上体が先に突っ込む可能性があります。

上体が先に突っ込んでしまうと、肘が下がってしまい、

結果的に打点が下がってしまいます。

なので、高く跳ぶ意識を「上に跳ぶ」意識にしてみましょう。。。

真上に跳ぶ意識でジャンプします。

そうやって跳んでも、実際には走ってきた慣性があるので、

多少前後左右に流れてしまうかと思います。

しかし、大事なのは意識です。

それだけで少しは変化があるかと思います。

ボールの保持位置

ジャンプを高く跳んでも、ボールの保持位置が低いと、

そこからバックスイング完了してフォロースイングになっていくので時間がかかります。

スイングに時間がかかるということは最高到達点でのリリースが難しくなります。

なので、ボールはしっかりと高い位置で、いつでも投げられる準備をしていたいものです。

基本的にピッチングマシンのように振り回すのではなく、

手の甲で口をぬぐうように、弓を引くようにしてバックスイングをします。

もちろん、力がないから下から大きく回してしまうのでしょうが、

ボールの保持位置を高く保つという習慣をつけていきたいですね。

高く跳ぶコツ

皆さんご存知のように、高く跳ぶには、、、

反動動作と振り込み動作がポイントです。

反動動作とはいきたいところの逆に動くこと。

振り込み動作とはいきたいところt同じ方向に動くこと。

垂直ジャンプを考えると、

高く跳ぶために膝を曲げて沈み込みますよね。これが反動動作。

そしてジャンプするときには上体と腕を上に放り投げてジャンプします。

この時の上体の振り、腕の動きが振り込み動作になります。

ジャンプシュートの場合、

反動動作としてはやはりしっかりと膝を曲げて踏み込むことが大事です。

ジャンプするときにつま先だけで跳んでいては、十分な踏み込みができず、

すなわち反動動作が不十分なため高く跳べません。

かかとからしっかりと踏み込むことが大事ですね。

そして振り込み動作ですが、なんといっても右脚の引き上げです。(右利きの左脚ジャンプの場合)

そして同時に、左腕を振り上げ、左肩からキーパーをのぞくような構えに入ります。

そのときは、もちろんボールを保持している腕は上がっていますね。

高く跳んでいる選手は必ずと言っていいほどにこの形になっています。

ちなみにメカルは高く跳ぶトレーニングはしますが、高く跳ぶことに意識を置いていないので、

見本になりません。だから、興南高校の選手をどうぞ(笑)

IMG_2939.JPG

しっかりと脚が引き上げられていて、腕も上がって、ボールも高い位置にありますね。

反動動作は筋力などの問題もありますが、振り込み動作は今すぐにでも意識できそうですね。

リリースポイントを早める

これはどちらかと言えばスペシャルです。

いつもリリースしているポイントというのは一番力が入るポジションだと思います。

ですが、そのポイントをキーパーは見極めてセービングしています。

そのリリースポイントを早めるのです。

具体的に言えば10センチ後ろでリリースする。という感じでしょうか。

いつも投げているポイントから10センチ後ろで投げるイメージを持ちます。

そうすると、やはりリストの力が必要になってきます。

それをするために体幹で身体全体を押さえるような力が必要になってきます。

空中での姿勢を安定させるためにも、体幹部の強化は必須ですね。

まぁ、これはメカルが実践しているスペシャルなものなので、

すぐにできるかと言われればできないと思います。

特に女性には難しいかもしれませんね。

だけど、意識を置くだけで変わってくるかと思います。

まとめ

最高到達点でシュートをするにはいろんな準備が必要ですが、一番大事なことは意識です。

メカルはいかにして速く最高到達点に達するか、

また、最高到達点に行くまでにシュートするかを考えています。

高く跳べる人はいいんですけどね、メカルはそこまで高くは跳べないので、なぜか知らないけど(笑)

ジャンプして一番高いところでシュートする。

これはジャンプシュートの基本です。

ぜひ、いろんなことを試してオリジナルなシュートを打ってほしいですね。

今回紹介したシュートの考え方やトレーニング方法を紹介していますので、

ぜひご覧ください。

「銘苅淳のハッピーハンドボール」はこちらから。

毎日シュートを打っていると思いますが、

そこにどんな想いをもって、考えをもって打つのかは大きなポイントですね。

打ちたいシュートを最大努力下でトレーニングするのがいいですよ☆

bana_belegend

2014年も315日連続でいい1日でした☆

シェアする

フォローする

コメント

  1. 石浦るみ より:

    ご丁寧にありがとうございます!

    確かに今まで、意識が足りなかったように思います。

    自分のポジションは

    学生の時はサイドだったのですが

    社会人になり、センターや45をやらせてもらうようになって

    でも上からはなかなか決めれなかったんです。

    それはもしかしたら、意識不足だったのかなぁとやっと今気づきました。

    次の練習から、取り入れてみたいと思います!

    また何かあったら、質問させて頂きます♪

    いつも、ありがとうございます<(_ _*)> 

  2. ポカリ より:

    今日もとても勉強になる記事でした。ありがとうございます! 伊舎堂選手のジャンプ、すごいですね…

    メカルさんは、これまで肩のケガなどに悩まされたことなではないですか??(>_<)
    自分は間接唇損傷、いわゆる野球肩と診断されてしまい、どうにか投げ方を工夫して痛くないようにプレーしています。
    大学からバックプレーヤーに転向したので辛いです…

    ピッチングマシーンのイメージや、右膝の引き上げ、体幹など意識して強いシュートを打てるようにがんばります!!

    • mkrats43 より:

      肩のけがはありますよ。

      肩を怪我するとそれをかばおうとしてほかのところも痛くなるので注意が必要ですね。

      関節唇は長引くこともあるかと思うので、アウターマッスルで保護しつつも

      インナーマッスルの強化もしていきたいですね。

      投げ方に関しては昔はうるさく言っていたのですが、いまはそれも個性だと思ってあまり言わなくなりました。

      オリジナルの投げ方を身につけてくださいね

  3. kira より:

    女子中学生です。
    シュートするときゴールの上の角の方を狙いたいんですけど、たまが遅いからか、
    上の方を狙おうとするとキーパーの正面にボールがいってしまいます。どうすれば速いたまで上の方を狙えますか?

    • mekaru atsushi より:

      実際のプレイを見たことはないので何とも言えませんが、まずはステップでしっかりとボールを投げられるようにしてください。
      速いボールをしっかりと投げられることが大事です。
      ジャンプして思うところに投げられないとなると、空中姿勢が安定していないのかもしれませんね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。