講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

5月19、26日

6月の依頼も来ていますので、

夏休み中などもお気軽にお問い合わせください。

進化する

めかりーナ
お前じゃないのかよ
って思った方、ごめんなさい
昨日、やっとナビを取り付けてもらいました
これでどこでもいけるね
ドリカムを聴きながら運転できるね
ひとりで帰れるからいっぱい練習できるね
って感じです。。。
肝心のハンドボールですが、
なかなか進化できません
でも、やっぱり、
シュートは流し
って東江さんも大崎の矢内さんも言ってたから、
流しを打てるように練習中です
前回、キーパーの逆をつくシュートについて少し触れましたが、
究極は
キーパーがわかっていても取れないシュート
代表されるのは
筑波大から日新に行った
西山清 大先輩
「西山は引っ張り」
とわかっていても取れなかったという伝説の人物です。
全日本総合のビデオでも、キーパーは引っ張りに反応していますが
引っ張りでシュートを決めるんです。
でも、たまに流されでもしたらキーパーはびっくりするしかないです。
リーグまであと少し。。。
メカルがどれだけコートに立てるかわかりませんが、
データがない1年目なのでガンガンやりたいと思います
あと、今いろいろと今後について考え中。
だれか暇な人はメカルと一緒にスウィーツを食べながら考えましょう
では、また・・・

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. エルメス より:

    私も究極の『引っ張り好きです』
    今年はそろそろ封印しなければならないのかもしれません・・・
    でも私が思うに、シュートはコースやスーピードよりも、タイミングではないですか?
    ・・・
    これも違うのかもしれません・・・
    シュートはやはり、気持ちですね☆
    熱い気持ちがこもったシュートが、最後には大事な1点につながると思っています。
    すべてにおいて逃げたシュートは必ずはずれる・・・
    メカリーもそんな場面があるのでは?
    互いに勝負です!
    私のほうが3年ほど引退が早いと思いますが・・・
    私もまだまだなのかもしれません・・・
    題名と内容に互換性がなくて申し訳ございませんでした。。。

  2. meka より:

    エルメス先輩
    メカルも技術云々より、気持ちが大事だと思います。
    やっぱり、気持ちの入ったシュートとそうでないシュートというのはぜんぜん違いますもんね!!!
    エルメス先輩が引っ張り好きなのもわかっていても取れないです・・・
    メカルも上半身だけでなく、全身からパワーを生んでシュートが打てるように精進します・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。