今日わかったこと。ボールは投げるではなく、弾きだす!!

練習後にシュート練習していたとのこと。 なんだか思ったところにボールがいかない。。。

上を狙っても下に行っちゃうみたいな感じでバランスが悪いんです。

さて、どうしよう。。。 とりあえず投げるか!!

って感じで投げてたんです。

手首かな、体幹かな、足かなといろいろと考えているんです。

足が安定していないとボールは思ったところにいかない。

体幹が抜けているとボールに力が伝わらない。

手首がしっかりとつかえていないとボールは思ったところにいかない。

投げるって難しいーと思いながらも、 どうしようか、どうなるんだろうか?と考えながらやっていて、 一つ分かったことがある!!!

イメージだ。

足がこう、体幹が、肘が、手首が、と考えることも大事。

だけど、メカルは違った。

元々、投げることに関して一般的ではないメカルの投げ方ですが、

その投げるというイメージの問題なんですよね。

よく、バーンと投げるとか、スッと投げるとか言いますが、

メカルは投げるではなく、弾くだったんです。

イメージできますか??

投げるというと、全身を連動させて力を伝えるということをイメージしますが、

メカルは全身の力を瞬間的にボールに伝えてそれこそ

バァーンと弾く感じでした。

そしたら、あら不思議。

イメージ通りにボールが行くようになりました。

ピッチングマシンをイメージしてもらえればいいですかね。

昔ながらのピッチングマシンで、アームがぐるっと回って、

ボールを乗せてエイって投げるのではなく、

どちらかといえば、ローラーを回転させて

その間からボールをつぶしながら弾きだす感じです。

ぐーんと身体の中に力をためて弾きだ感じで

あれこれ考えるよりも、一つのイメージを持ってやるといいことがありますね。

指導者の立場になると理論的に伝えることも大事ですが、

分かりやすいイメージを共有するできることも大事ですね。

だからこそ、そんな時に選手としての経験がいきるのかなーとか思ったり。

誰か、メカルのこの発見、共感できる人いませんか???

一生懸命に投げることも大事ですが、

メカルのめざしたいプレイ

コンパクトスイング、クイックシュート、多様なシュート

には投げるというよりも弾くの方がしっくりきている気がする。

筑波の先輩、西山さんがシュートを打つとき、

nボールを握りつぶす音が聞こえたというのは有名な話です。

あれも、瞬間的に握りつぶす、弾くイメージですかね??

弾く、 弾きだす、そのためにはやっぱり全身を瞬間的に固めることが大事だと思うんですよね~

そして、前腕の疲労感、ハンパじゃない。

だからこそ、もっとトレーニングだな!!

瞬間的に力が発揮できるように、身体を固めながらも動かせるようにトレーニングしようと思います。

皆さんも自分だけのイメージを大事にいろいろと試行錯誤してくださいね〜☆

2014年も254日連続でいい1日でした☆

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。