講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

指導者にしてもらって一番あげぽよなこと

選手として指導者にしてもらったら嬉しいことってなんだろうか??

と思ったんですよ。

ハンドボールを教えてもらえる

これ、うれしいですよね。

だってハンドボールうまくなりたいんだもん。

技術、戦術を教えてくれると、上手くなるから、上手くなっていく自分や結果が出てくるとうれしい。

ハンドボールの指導者はやっぱりハンドボールを指導することが目的的目的なはずだ。

もちろん、学校教育の中で行われることがおおい日本のハンドボール、

それ以外にも社会に出たとしても日本人としての振る舞いが求められる日本ですから、

日常生活をしっかりとできる、というのは大事です。

でも、それがハンドボールの目的ではなく、手段的な目的になると思います。

チーム練習の中で教えてくれることってうれしいですよね。

でも、チームの課題と個人の課題は違いますよね。

チームの課題が個人の課題になっていては、個人が伸びることはないです。

一生懸命にやっていても、個人の課題を見失って、チームが勝つために、、、とチームの課題に取り組んでいるだけでは

少し物足りないですね。

For the teamは大事なんですよ。

だけど、個人の目標、課題を持っていないとチーム全体のレベルアップはなかなか望めないですね。

一生懸命やってるんだけど、指導者の言われたことしかやっていないのでは。。。

チームの目標が全国制覇だとしても、個人の目標は

こんなシュートを打ちたいとか、こんな選手になりたいとか、あった方がいいですね。

前置きが長くなりましたが、何が言いたいのかというと、

目指している自分に対して努力しているときにサポートしてくれることが一番うれしいのではないか?

と思います。

具体的に言えば、自主練しているときに、フラッと来て、ぼそぼそっとアドバイスして、頑張れよ!!的な感じ。

自分で考えて、どんなプレイをしたいか想像して、何をすればいいのか考えているから、自主練をするんです。

そこには、強制力はなく主体性がある。

だけど、自分でできること、考えていることにはある程度の限界があるから、

そこで、指導者がアドバイスるすると一番なのではないかと思います。

自主練なので、ずっとつきっきりであーしろこーしろと教えるのもちょっと違う。

一人にしてよ!!って思う。

だけど、教えてほしいとも思っている。

人間は勝手だ(笑)

自主練でのアドバイスは、その選手のやりたいことを理解して尊重しているからこそできることですよね。

選手としてもそこが大事。認められている、ではないけど、見てくれているという安心感は大事。

昨シーズンの監督は、メカルが練習後にトレーニングしていると

頻繁に声をかけてくれました。

一人でメディシンを投げていたら投げ返してくれたし、

シュート打っていたら教えてくれたし、パス出しもしてくれた。

もちろん、その時その時でアドバイスもくれたし。

一人で考えて、トレーニングして、評価して、何度も何度もやることが自分の力になると思います。課題発見をする力、課題を解決する力、それが生きる力。につながると思います。

その過程でより良くするアドバイスを指導者がしてくれたら、

うれしいのに、すごくうれしいのに。

どんな時も両手広げて抱きしめてくれたらうれしいのに、すごくうれしいのに。

メカルも自分大好きだからさ、一人でトレーニングとかしていました。

高校の時も中学のトレーニングにいって、メカルのトレーニングをしてもらったり、

一般のチームのトレーニングに行って教えてもらったり。

それを受け入れてくれた人がいるからできたことですが、

いま振り返るとありがたいですね。

大学の時なんかもいろいろとやって

わかんなくなってしんどいこともあるんだけど、それを見ていてくれた人が一言、

「良くなってるじゃん。天才もコツコツやるやつには適わないんだ」

って言われたときに救われました。

ハンドボール続けようと思いました。

年賀状には「銘苅、頑張れよ。期待してるぞ。」って書かれていて年始から泣きそうになりました(笑)

社会人になってからも、教えてくれる人はいるし、一緒にやってくれる人もいるし、いい時間を過ごすことができたなぁと思います。

まぁ、人によっては、自主トレやってても、

「あいつ何してるの?」「なんでそんなことしてるの?後輩が帰れなくなるから迷惑」

ととらえる人もいたけどね。

何年か前には一生懸命にやってると言われていたことと同じことをやっていても変わるもんだ、いろいろと。

まぁ、いい思い出。

指導者、特に女子の指導者は選手を見てあげないことには心が離れてしまいますね。

そんなとき自主練でぽろっとアドバイスをしてあげると、キュンとするかもしれませんね(笑)

いまのチーム、練習が終わったらみんなとっとと帰る。

監督コーチもいい人なんだろうけど、そこまでは面倒見てはくれない。

だから、一人で突破して継続して結果を残すしかないなと思います。

そうやって得たものを大事にしたいと思います。

天才じゃないからさ。

「なんでこれができないの?なんでこれがわからないの?」 😯

ってこの先思うことがないように。その時に選手がされてうれしいことをしてあげられるように~

あと、この動画のシュート。ハンドボールを始めて二日目に教えてもらったシュートね。

アンダーハンドシュート

メカルがこのシュートを、どんだけ打ってきたか。どんだけ一人で打っていたか。

那覇西の警備員の人にも心配されるくらい(笑)

あと、もしこのブログが使えそうだと思ったら、コピーして選手に配ってください。

先生方からもらった配布物は目を通しますし、保護者も見るかもしれません。

食事に関しての記事などはぜひそうしてもらいたいなぁと思いました。

メカルのブログを読んでの感想を提出せよ!でもいいですよ(笑)

ブックマーク登録をしてもらってもいいですよ(笑)

もし使う機会がありましたご一報ください。

テンション上がります。

2014年も266日連続でいい1日でした☆

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。