講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

知ることで道は拓ける!?半径拡大。まずはそこから。

20140804-225645-82605854.jpg

20140804-225645-82605090.jpg

20140804-225645-82605493.jpg

今日はね、朝の4:30に起きて、浦添高校の試合をネットで見ました。
そして世界学生の試合もネットで見ました。

浦添高校の試合は後半に得点が止まってしまい、
飛騨高山に走られてしまいました。

世界学生は世界トップの国、スペインに対して中盤に9点差まで離されるも、
追いついて残り時間わずかで1点差。
まだわからない!!という感じでしたが、最後は得点されて2点差で負けてしまいました。

スペインは前半序盤、日本の高めのディフェンスに手こずり、
日本が最高のスタートを切ります。
だけど、タイムアウトを取り、オフェンスを整理すると、、、
何をしたと思いますか???
高めのディフェンスにブロックをしたり、
サイドを切らせたり、ポジションチェンジしたり???

いや、ディフェンスを寄せて、広いスペースを走り込んで1:1
終わり!

1人抜いたらあとは9mからシュートを打ち込まれ失点するようなパターン。

やっぱり、シンプルなところに戻るんですね。

3歩使ってドリブルしてまた3歩使ったら守れないんだよねー。
小さい選手が大きな選手を相手にするとき、
やっぱり後半の終盤にフィジカルの差が出てきます。
それだけ体力が消耗するんですね。

浦添高校もそう。最後は押し込まれての7mとか退場にやられました。

でも、世界学生はメンバーを頻繁に変えながらの戦いだったので、
終盤は逆にスペインが止まって、パスカットからの速攻が増えました。
もう少しでスペインに勝てましたけど、、、残念。
今後に期待!!!

という前置き。

本題は知るということ。
いま生活していること、見るもの、やっていること、考えていることは、
これまでの自分の生きてきた中、見聞してきた中、その域を出ることはありません。
だからこそ、人は新しいものを刺激として欲しているのだと思います。
脳は古い情報よりも新しい情報を好みます。

冷蔵庫を開けて、何を取ろうとしたのか忘れてしまったことはありませんか??
あれは冷蔵庫から何かを取る。
という意識と行動の間に、別の意識が入ってきたから古いものを忘れたんです。
冷蔵庫に貼ってあったお便りで、明日は特別に必要なものを準備しなきゃ〜とか思ってると冷蔵庫を開けたところで何を取ろうとしていたか忘れる。みたいな。

同じことがプレイでも言えて、1:1をしようと思ってたら

あー、ポストが空いてるー!!!

と気づいて、新しい情報が入ってきてそこに集中してしまい、
キャッチミスをするとかね。。。

脳は新しい情報、いままでなかったものを好むのです。
それが刺激となり、モチベーションとなっていきます。

だから、指導者は常に新しい戦術、方法論、言葉かけ、技術、出会い、繋がりを選手に提供していきたいものです。
もちろん、譲れないものはありますし、多角的なアプローチでベースは一緒、というのはありますけどね。

話が脱線しました。

試合をしてみて、初めて自分のレベルを知った!!
インターハイに出て、初めて全国のレベルを知った!!
日本リーグを見て、初めて日本のレベルを知った!!
世界トップの試合を見て、これまでにないハンドボールを知った!!
世界と戦ってみてこれまで経験したことのない強さを知った!!

そう、知ることが大事だと思うのです。
そして、感じることが大事だと思うのです。

世界選手権に行っても世界トップを感じないとそこにいるだけです。
感じるというのはやはり感性ですから、
日頃から何を思って、考えて、感じているのかが大事ですね。

これまでの自分の生きてきた生活の、活動の、思考の半径を拡げて、
そこを飛び出していくことが、

成長すること、大きくなること

かなーとか思っています。

そのために、知ることが大事です。
どうなっているのか?
どんな方法論があるのか?
どんな携わり方があるのか?
どんな生き方があるのか?
知ることで、可能性は拡がっていきますね。

インターハイ、アジアジュニア、世界学生、代表合宿とあちこちでがんばっている人がいますから、何を知って何を感じているのか、、、ぜひ情報を発信して欲しいですね。
その情報を発信、拡散、共有することが、
多角的にハンドボールをとらえ、
それでいてベクトルを一つの方向に向けることにも
つながると思うのです、メカルは。

まぁ、メカルはいまフリーランスだから、勝手なことを書いていきます。
日本から追放されない程度に。。。(笑)

ることは、人との出会いやネットや本や誰かのブログや、
おばちゃんたちの世間話やコンビニ店員などなど、
感性を研ぎ澄ませていれば、いろんなところから情報は得られそうですね。

このブログが何かの役に立てば嬉しいものだ。
一応、日本の夜中になりますが、世界学生のLIVE映像見られるURLを貼っときます。
世界学生ポルトガルを応援しよう!!

さて、今日の練習はダメだった。
全くダメ。
行き当たりばったり、切れそう。いや、切れたか。。。
何回も自分に言い聞かせたよ。
自分のことを100%でやろう。
100%の結果を出そう、って。
一言でいうと、程度が低い。

まずは、自立しよう。主体性を持とう。

何はともあれ、2014年も216日連続でいい1日でした☆

シェアする

フォローする

コメント

  1. さわさわ より:

    お疲れ様です。
    息子の学校はサッカーでインハイに出場しました。
    試合に出れず、応援で頑張っていますが…
    「上位にいくチームはレベルが違いすぎる。半端ないよ~。」と熱く語っていました。
    そんな息子の話を聞いて、なんだか弱気な感じがしましたが、知ること、感じることとしては
    OKですね。その後にどう行動するか?が、肝心ですね。

    あっ、近所の井戸端会議は感性を常に研ぎ澄ませています(*^^)v

    コメントしてる間にルーマニアVSスペインが始まり前半が終わりました。同点です。
    学生にみえないし…(^_^;)
    ハンドは展開を予想しながら観るのが面白くて…
    パスパスパスシュートくるかと思いきや、後ろにパス、シュートとか… 本当に面白い。
    素人目線で、すいませんm(__)m 

    • mekaruatsushi より:

      レベルが違いすぎる!!
      と感じたことはまず第一歩ですが、それを主体的に捉えることが大事かなと思います。何がすごいのか?どうしたらそうなれるのか?何をすべきか?何を削って何を得ようか?まで考えることができるといいですね。
      ハンドボールは自由度が高いので展開が多様です。
      だからこそ面白いんですよね〜☆
      ハンドボールの面白さ、どんどん発見して教えてくださいね!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。