講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

8月の依頼も来ていますので、

夏休み中などもお気軽にお問い合わせください。

笑顔の教室@宮城県浦戸小・中学校

昨日は宮城県塩竃市の浦戸小・中学校にいって、

笑顔の教室でユメセンしてきました。

島にある小・中学校

島外からフェリーに乗って教職員、児童生徒が登校してくるんですよ☆

船に乗るときは、みんな元気いっぱいの声であいさつします。

朝7時15分発のフェリーに乗っての登校。

市内の小中学生なら起きてもない時間かもしれないけどね。

正直なところ、さすがにメカルも眠かったわ(笑)

今回はディフレクターの生方さん、

アシスタントの久光さん、

お二人のお力添えをいただきまして、

一日に中学生と小学生と、

カテゴリーの違う対象を連続するというのは

初めてだったのですが、

なんとかやり切ることができました。

島を出たのが2時。

寮についたのが22時前。

約8時間の移動です。

これだけで一日分働いたみたい(笑)

でもさ、子どもたちのエネルギーというのは、

本当に素晴らしくてさ、

いつもこちらが学びになるし、元気になって帰るんですよね。

同じことをしているつもりでも、

対象が違うと、流れも雰囲気も全く同じものにはならないんですよね。

そのときそのときでの子どもたちの反応を見逃すことなく、

良い方向に良き変化を促さないといけない。

目立たないかもしれないけど、

それがその子の精いっぱいの表現かもしれませんからね。

その観察力とか、ピックアップするタイミングとかって、

本当に毎回勉強になりますね。

ディレクターの方やアシスタントの方は、

よく見ているし気づくんですよね。

すごく、学びになっているし、

それがハンドボールの講習会で活かされると思うと、

積極的に学びの場に行ける子とは本当に幸せなことですね。

子どもたちがこれからどんな人に出会って、

どんな経験をして、どんな大人になっていくのか、、、

本当に楽しみです。

もう二度と会うことがないかもしれない、、、

そんな子どもたちに、何を残すことができたのだろうか。

まだまだ未熟で発展途上なメカルができることは

そんなに大きくないのですが、

今できることで、子どもたちにできることがあるのであれば、

自分史上最強の自分で、

子どもたちにぶつかっていきたいと思います。。。

ぶつかったら事故ったみたいになるだろうけど(笑)

今回の子どもたちの心に何が残ったかな。。。

「チャオチャオ、バンビーナ」だったらどうしよう(笑)

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。