講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

4月 14日以外対応可能。

6月の依頼も来ていますので、

お気軽にお問い合わせください。

継続的にチームを指導できたらと思っています。複数回割を作ろうかと考え中…

学生時代に一言も話したことがないのに、最近つながったという話。

TSUKUBA WAYというですね、

筑波大学にゆかりのある人を紹介するウェブサイトがあるのです。

そこにですね、

ありがたいことに取り上げていただきました。

日本におけるハンドボールの位置づけを変えたい

筑波大を出た人で、

各方面でご活躍のスポーツ選手はじめ、

経営者、コーチなど様々な分野の方が登場しているのです。

前々から読んでて、楽しいなぁと思っていたのです。

今回は、昨年沖縄でリーグ戦があったときに取材を受けたのです。

取材してくださったのは、

これまた大学の同期。

学生時代は話したこともないような感じ。

たまたま育休中で沖縄にいたところ、

タイミングがありました。

そもそも、メカルは学生時代にほかの部の人とかと絡みがなかったからね、、、

いまとなってはなんてもったいないことをしたんだ、、、と思いますが。

そして、メカルを取り上げてほしい、

とリクエストしたのも学生時代は関りがなかった筑波の先輩。

人の縁というか、輪というか、なんか不思議な感じ。

どこでどうつながるかわからない。

人の縁とかつながりを大切にする、

人を大切にする、ってそういうことなんだろうな、と思いますね。

まぁ、記事の中にある通り、

世界のハンドボールを変えるような革命的な何かを残せるとは思いませんが、

一人一人の人生におけるハンドボールの位置づけ。

日本におけるハンドボールの位置づけを

少しずつ変えていけたらな、、、と思うのです。

そのためには、

目の前の人がハンドボールでハッピーになることが大事で、

そのためにはやっぱり自分をしっかりと磨いておかなくちゃ、

というところです。

一人一人が、ハンドボールをやっててよかった。

ハンドボールを選択してよかった。

ハンドボールと出会えてよかった。

と思っててほしいもんね、、、死ぬまで。

人生の中での位置づけが変わってくる人が多くなると、

日本における、社会におけるハンドボールの位置づけも

少しずつ変わってくるかなーと。。。

いつくるかなー、、、

楽しみだ。。。

裏日本協会○年後構想

50年後のハンドボール未来予想図。裏日本協会の50年構想発表。

もう何年も前に一人でこんなことを考えていました(笑)

一度ブログが壊れて、

画像のデータが全部飛んでしまったんです、、、

それが残念。

あの時と今では、また考えることも違う。

構想を考えることも、時代の流れに乗って、

柔軟に修正していけたらいいんだけど。

人生も同じだね。

信念もあるけど、柔軟に軌道修正も大事。

つくばウェイを見て、誰かが興味を持ってくれたらうれしい限り。

画像はゲーセンで散在しながらも

ぷっちょをゲットした大学同期の松木。

彼は過去に、ハイチュウを食べすぎて虫歯になったことがある。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。