講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

5月19、26日

6月の依頼も来ていますので、

夏休み中などもお気軽にお問い合わせください。

WHOがいう健康の定義をご存知ですか?ハンドボールで健康にもなれるんだよ。

先日のメカデミーでの出来事。

お寺のお堂で全員一斉に食事をしました。

アンテナが高い選手は、

テーブルや座布団の準備がスピーディー。

運ばれきたおかずやよそったご飯やみそ汁。

それらを手際よく運ぶ人もいれば、

なんとなく見ている人もいる。。。

気づかない人だっている。。。

集団生活をしている中で、

どれだけ気づきがあるのか、、、

普段の練習だけだと、なかなか体験することができないんですよね。

だからこそ、遠征とか、合宿とか大事。

同じ釜の飯を食う、ではないけど、

寝食を共にするって言うのは、

本当に成長するんだろうなーって。。。

ただね、みんな、食が細い。

本当にね、いましかないの、、、身長が伸びる最後のチャンスは。

どれだけいいトレーニングをしていたとしても、

食事がおろそかになっていたら、絶対に身体は強くならない。

疲労も抜けにくいし、怪我もしやすい。

無事是名馬ではないけど、

怪我をしないというのは本当に大事なこと。

そして、我々の体は食べたものでできていると考えると、

食事は本当に大事なんです。。。

高校生にはもっと食べてほしいし、

朝だから、、ではなく、朝からもりもり食べてほしい。

朝はお腹空いて起きてほしい。

食事の基本があってこその、

カラダづくりなんですよね。。。

もちろん、食が細い子や、

学校や塾でなかなか食事を摂るタイミングがない人

なんかはプロテインなどのサプリメントをお勧めしている。

なんでかって、中高生は第二次性徴で身体が大きくなろうとしているのに、

ハンドボールでエネルギー使ってる状態だから、

慢性的に必要な栄養素が足りていないと考えていい。

お昼ご飯を食べてから部活をして、

家に帰るまで、何時間ですか?

その間、何も食べませんか??

何もしていない人でも、6-8時間もすれば自然とおなかすくのに、

その間に部活とかしてるとさ、枯渇しちゃうよね。

時間的、経済的な理由からも、

プロテインとかは手軽だし、おすすめです。

もちろん、食事の基本を忘れて、

プロテイン飲んだからご飯は少しでいいとか、

好きなものだけ食べる、ではだめですよ。

あくまで補助的な、サプリメントとして考えてほしいものです。

怪我をしなければ、

大好きな競技を休むことなく思い切りできるし、

形態的に大きくなって、

パワーアップしたら、自然とパフォーマンスも上がります。

今回のメカデミーでは、

住職さんの法話も聴くことができたので、

心身共に栄養補給したものと思われる。

そして、、、WHOで提唱されている健康の定義が、

肉体的、精神的、社会的に満たされている状態、とある。

人を良くすると書いて食。

肉体の栄養が食事だとしたら、

心の栄養は言葉。

社会的に満たされるとしたら、集団に属する、

人とのかかわりがある、自分の役割を認識できるという部分。

食を通じて、自分を大切にする事。

様々な言葉を介して育まれる心。

自己肯定感や自己効力感の気づきが生まれる。

メカデミーは健康を育んだことになります(笑)

なんてね。。。

皆さん、生きる基本は食事です。

そして、人との関わりです。

何が言いたいのかというと、

もっとトレーニングしましょう。

もっとハンドボールしましょう(笑)

少なくとも、ハンドボールで健康を害することがないようにしたいものだ。。。

今回のメカデミーではビーレジェンドプロテインのサンプリングも。

高校生にもしっかりと大切さが伝わったと思います。

ビーレジェンドはこちらから

bana_creatine (1)belegend_400

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。