講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

4月 14日以外対応可能。

6月の依頼も来ていますので、

お気軽にお問い合わせください。

継続的にチームを指導できたらと思っています。複数回割を作ろうかと考え中…

ディフェンスの時のメカルール

勝手にやってる自分のポリシーなんですけど、

オフェンスチャージを取るときは、倒れない。

というものがあるんです。

今日の練習でも自画自賛のディフェンスだったのですが、

ちょっとわかりにくい。。。(笑)

インを消して、アウトに誘導して、

割ってきたスペースに対して体を寄せてチャージを取る。

相手オフェンスの方がひっくり返る。

なんでそうなのかというとですね、、、

一生懸命フィジカルトレーニングしてるのに、

それを演技してチャージをもらおうなんて、ダサいと思ってるのです。

何より、しんどい思いをしてフィジカルトレーニングしている自分をばかにしている。。。

と思っている。

もちろん、オフェンスチャージを取るには技術が必要です。

だけど、シミュレーションをして、

審判を欺こうとしてまで、その技術を磨くよりも、

正統派、ではないけどしっかりとフィジカルをしていた方が

あらゆることに応用が利くと思っているのです。

もしも、

これはチャージだ!!

と思っていても、こっちが倒れていないからチャージにならない、

という状況はあります。

特にこちら側の方が強くて、

相手オフェンスが逆にひっくり返っている時なんかは、

審判からしてもディフェンスのプッシュに見えたり、、、。

でも、そんな時は、

レフェリーに勝った。

と思います(笑)

レフェリーの技量よりもメカルの正しいディフェンスとフィジカルが勝った。

と勝手に思っています。

ハンガリーにいる時も、

「メカ、ムービーアクション!!」って言われて、

演技しろと言われたことがあります。

そんな時も、ニコッと笑って絶対いや、と思っていました。

しんどいフィジカルやってるのに、

最後は演技かよ、シミュレーションかよ、

って思われるのも嫌だし、

自分自身を裏切ってるような気がして嫌なんですよね。。。

もちろん、これは指導者の考え方や、

選手の考え方もあるので、何とも言えませんが。。。

演技をしてチャージをもらって、マイボールにすることが

最高に美しいと思っている人もいるでしょうし。

だけど、アジア選手権でカタールやサウジと試合したときも、

ハンガリーやスペインでプレイしていた時も、

日本リーグでやってるときも、

基本的にはこのスタンスは変わりません。。。

これに賛同してくれる人、リツイートしてくださいね(笑)

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。