講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

12月5,15,18,19,23,24,27,28,29,31日

すでに2月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

晴れの国は晴れ晴れした笑顔がいっぱい

金曜日、土曜日はれの国、岡山へ

この夏の西日本豪雨災害がひどかった、

総社市、倉敷市で被災したハンドボーラーがいるというので、

被災後すぐにウェアの提供をしたインパルと共に、

現地に行って来ました!

メカルが行っても、

被災した人に勇気と活力を!!

なんてことはなくてですね、

どんな状況でもハンドボールを選択してがんばっている子たちと

一緒にハンドボールすることで、

楽しい時間になればいいな。

という感じです。

今回お世話になったのはジャミこと、

総社南の大塚先生。

ばーつくの大先輩です。

メカルが生まれる前に筑波を卒業した?

そんな大先輩が、

こうやって面倒を見てくださって、

本当に感謝しかないです。

今回のイベントでは

たくさんの教え子さんもスポンサーとなってパンの差し入れなどもしてくださいました。

人、というのが財産とは本当のことですね。

みんなが、ハンドボールを通してハッピーライフを送ることができるように願うばかり。

メカルもより良いものをお伝えできるようにしよう。

さて、今回は被災した地域を案内していただきました。

川が氾濫して、アルミ工場が爆発!!

近隣の建物は壊滅状態。

写真では伝わりにくいかと思いますが、

建物の多くは吹き抜けのようになってて、

窓なんかはありません。

多くの家屋が住める状況ではなく、

取り壊しにも再建築にも多くの時間を要するようです。

http://handball-mekaru.com/wp-content/uploads/2018/11/img_4742.mov

真備地区に行くと、水位がここまで来た。

というのがわかるポイントがたくさん。

高架の駅のギリギリまで水が来たようです…

家屋も片付け掃除も手付かずのままというところも多く、

玄関や窓には水位がわかる汚れがそのまま残っていました。

http://handball-mekaru.com/wp-content/uploads/2018/11/img_4748.mov

まだまだ復興には時間がかかります。

それこそ、元どおりの生活はあり得ないのかもしれません。

建設関係の仕事もあるのでしょうが、

人がいなくて順番待ち。

浸水した家屋は2年くらい乾燥させないと、

カビが生えるとのことで待つしかない。か、取り壊すしかない。

実際に見るというのは本当にたいせつですね。

いまとなっては報道もなくなりました。

でも、まだ現地は復興したとは言えない状況。

もはや被災地ではない。

なんて言葉がなん年後に聞こえるかわかりません。

そんな地域でも、そんな環境でも、

ハンドボールを続けてくれて、がんばってる子どもたちがいる。

そんな仲間を支えて一緒にがんばってる子どもたちもいる。

そんな子どもたちのことをいろいろ考えてサポートする大人もいる。

メカルもできることをしていかねば…と思ったのでした…

今回はメカルがお世話になっているスポンサー様にもご協力お願いしまして、

子どもたちにいろいろと試してもらいました。

株式会社センタースリー

Doron

リカバリーソックス、カープカバーをご提供くださいました。

実際に履いてみて、プレイしていましたよ。

株式会社リアルスタイルのビーレジェンド。

一人一人にプロテインをご提供くださいました。

株式会社ドリームファクトリー

ドクターエア

ストレッチロールや3Dマッサージロールを実際に試してもらいました。

MiKASA

女子でもつかみやすい0号球や1号球のご提供をしてくださいました。

本当にたくさんの人のサポートを受けて今回のイベントになりました。

子どもたちの心に何か1つ、一瞬でも残りますように。

そしていま、日曜9時に函館到着。

これから函館の中学生とハンドボールだよ!

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。