講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

9月26日

10月3,10、24、31日

夏休み中も日帰りできるなら可能です。

すでに1月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

これって他人を嫌ったら私の負け、ということになるのだろうか。。。

またまた拾ってきたんだけどさ。。

アドラー、スキなのね。

30歳を超えて敵のいないやつは大したやつではない、、、

とどこかで聞いたような気がします。

もちろん、みんなの敵になろうと思って、

嫌われようと思って生きている人はいないでしょうけど、

正しいことを貫いていたとしても、

それを

妬み嫉みやっかみ僻み恨みつらみ。

を買うことなんてあるでしょうね。

最近はやりのうれしみ。とかこれにはいるかな??

メカル、北電に入る前にユタに会ったら、

「あんたは強く恨まれるようなことしてない?」

って言われた。。。(笑)

うーん、心当たりあるようなないような。

なんですが、

人前に出るようなことをしていたら、

多少なりともそういう感情を受けるでしょうし、

それにいちいち反応していたら自分がダメになっちゃうので

気にしないようにしている。。。

でも、実はめっちゃ気にしている。。。(笑)

でも、こうやって、アドラーの言葉を知ると、

なんか心が楽になりますよね。

裏を返せば、

誰かを嫌っている時点で自分の負けなのかな、、、とか思ったりね。

嫌われてる時点で勝ってるなら、そうなるかね??

まぁ、勝ち負けじゃないけどね。

わかりやすく表現してくれてる。。。(笑)

教師という仕事もですね、

みんなから好かれる先生は素晴らしいけど、

好かれるために教員しているわけではないはず。

嫌われるために教員しているわけではないはず。

言いたくないことも言わないといけないし、

エネルギー使うんだけど、それが教師という仕事だし。。。

みんなに優しくしているからいい教師だというわけではないからね。。。

現に優しかった先生って、思い出しても

何をしてもらって、何を学んだかわからんことがあるし。。。

そうやって考えると、厳しくてもしっかりと心に残っている先生の方が、

よっぽど先生らしいのかな、、、という気がしないでもない。

でもね、宿題を出さないことを指導したら

生徒が命を絶ってしまい、それが教師の責任になりかねない。

そうなるとね、、、指導なんてできないよね。

教育現場はどうなっていくのかな。。。という気がしないでもない。

さて、水曜日には永平寺町主催の国体壮行会に出席しました。

福井国体のマスコットはぴりゅうと、

永平寺町のマスコットえー坊との

スリーショット。

なかなかいい感じでしょ。

永平寺町のみなさんの期待に応えられるように、

それにふさわしい表現ができるようにがんばるしかない。

みなさん、国体にお越しの際は、

はぴりゅうとえー坊と写真を撮ってみてくださいねー。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。