講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

8月11,12,15,19、22、25,26、29日

夏休み中も日帰りできるなら可能です。

すでに10月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

この暑さ、マジでやばい。やばいのは天気だけではないよ。

この暑さは、、、本当にやばい。 とても外で運動できるような状態ではない。。。だけど、毎日体育館を使ってハンドボールの練習ができるチームは少ない。外でやらねばならない、、、のです。 そんな時は、暑い時間帯を避ける。長時間の練習をしない。水分等の栄養補給をしっかりと行う。練習前の栄養補給もしっかりと行う。根性とか気合とかで押し切らない。などなど、注意事項はたくさんあります。 熱中症対策として、朝起きたらすぐに水を飲む。これが大事。 何よりね、体調が悪いときに、本当にやばいときに、「休ませてください」と言える空気が大事。それは指導者やチームメイトや保護者全体の空気感。 全国大会目指すんだから、これぐらいの練習に耐えるのは当たり前。そんなこと言ってたら全国大会で勝てない。全国で勝てないと進学ができない。この先生が指導できなくなったらうちの子はどうなるの?問題が起きても外には出さない。問題になることがあっても保護者が囲う。一人ができないと全員にペナルティがあるからチーム内でギクシャクしてしまう。。。 おかしいことはおかしいと言える空気感が大事。http://handball-mekaru.com/archives/2348http://handball-mekaru.com/archives/2345http://handball-mekaru.com/archives/2291http://handball-mekaru.com/archives/1975http://handball-mekaru.com/archives/2352過去には上記のような記事も書いています。なかなか指導者にものを言える環境ではないこともあります。ですが、、、ですよ。本当に守りたいものを考えましょうよ。。。我が子の命を考えましょう。世間体とか、保護者の中のパワーバランスとか、いろんなことがありますが、一番は我が子がその競技を通して幸せになることです。進学先のために、推薦入学のために、いまをぼろぼろになるまで追い込むことではないのです。それだけは理解しておかないといけません。はっきり言って、ハンドボールで推薦をもらって進学しても、ダメな奴はダメです。どこに行っても、イケてるやつはイケています。もちろん、環境要因は大きいです。でもね、それを大学のせいとか、外に原因を求めている時点で、イケてないです。受験して、希望の大学に行けなくても、留学もできるし、大学院も行けるし、どうにでもなる。でも、死んでしまったらもう終わりですからね。。。 ハンドボールで尊い命が失われませんように。。。 早朝練習推奨。夕方からの練習やどうしてもの日中は短時間でスパッと終わって、プールに行くとか、アイスを食べるとか、スイカを割るとか、そういう思い出が作られるなら、いいんですけどね。。。 ちなみに、メカルは高校時代の夏の練習のこと、ひとつも覚えていない。。。苦しかった覚えしかない。何をしたかも忘れたけど。。。(笑) みなさん、本当に気を付けてくださいね。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。