講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

10月24、31日

すでに1月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

学びを深める楽しみと喜びと笑い

先週の水曜日に福井県立大学のスポーツ科学という授業担当分が終わりました。全15回のうち、5回を担当。1、スポーツの勝ちと意義2、海外でプレイすること3、スポーツ文化論4、コーチングについて5、銘苅が言いたいことを言う回という全5回。福井県立大学の石原先生の担当授業のうち、5回をメカルに割り振ってくださいました。なぜメカルが授業をするのかはこちらhttp://handball-mekaru.com/archives/21735 毎週金曜日はハンドボールの実技の授業なんですけどね、5回は座学を担当したんですよ。 そして最後の授業のレポートは今回の講義で過去や未来の自分に教えてあげたいことをテーマにワードでメールにて提出。字数は自由。締め切りは火曜日の23:59.そうなるとですね、、、いろんな発見があるのです。https://twitter.com/handball_mekaru/status/1019004989186891776まず、メールで添付してくると思いきや、メール本文にベタ打ち。あとは、本文には何もなく添付ファイルのみ。学生のメールアドレスならまだしも、個人のメールアドレスから添付ファイルのみの場合も。 たった一言、よろしくお願いします。があればいいけど、何もないことが半分くらいかな。 丁寧に本文に授業の感想とかも書いてくれる人もいる。課題を添付します。ご確認ください。と書いた学生は2人。ご査収ください。と書いた学生は一人。まず、その時点でレポート満点にしたわ(笑)もちろん、それなりの内容だったけどね。 メールでの提出だけど、その送り方一つにしても、メールを開けたときの印象が違います。添付ファイルだけだと、「なんじゃこれ珍百景」だわ。レポートの体裁も整ってないし、改行はないし、句読点は打てない。メールにはあるけど、レポートには学籍番号と名前すらない。とかいろいろ。 だってしょうがないじゃない。この前まで高校生だし、まだ大学一年生。レポートの提出の仕方やメールの仕方をこれから覚えていくんだ、、、と言い聞かせ、1人1人にレポートの感想とか提出に関しての改善点をメールで返送。それに関して返答があったのが数人。(笑) 一人一人にメールで返信するなんて、なんて講師らしいメカル(笑)初回の授業で「もっと講師らしくしてほしい」って意見をもらったのが懐かしいわ。。。(笑)「ググれ」なんて言葉を使わずに「自分で調べましょう」と表現するのが講師でしょ、と書かれたのが懐かしいわ。(笑) 非常勤講師のメカルが言うのもなんですけどね、そんなメールの仕方や提出の仕方、言葉のチョイスはきっと社会の中ではじかれること、多数。(笑)だって、添付ファイルだけで本文も何もないメールは、人に読んでもらうという前提がない。迷惑メールだと思われたら終わりだしね。教員によっては評価対象外、ということもあるかもしれないしね。 ちょっと心配。あんな感じで社会人になったら「はぁっ?!」って感じで終わりだよね。まぁ、就活とかそういうのを繰り返すうちに覚えていくんだろうけど、どうせなら早くから身につけておいた方がいいもんね。だってさ、添付ファイルだけの迷惑メールまがいの提出の仕方よりも、ーーーーーーーーー銘苅 先生 体育専門学群1年 学籍番号11111111の〇〇です。先週7月11日のレポート課題を添付ファイルにて提出いたします。ご査収のほどよろしくお願いいたします。銘苅先生の授業、楽しく受講することができました。なかなか聞くことができない、現役選手の話をお伺いすることができ、大変有意義な時間になりました。今後の学生生活において、今回の授業での学びを活かしていきたいと思います。 最後になりましたが、全5回の授業ありがとうございました。暑さも厳しくなると思います。体調を崩しませんようどうぞご自愛くださいませ。 体育専門学群1年 111111111 ○○ーーーーーーーーー これぐらい書く。だって、これだけで印象は違う。教員は全員が顔と名前を一致させているとは思えない。ましてや、送られてくるのは同じ明朝体の文字列。それなら、少しでも印象がいい方がいいに決まっている。だって、就活だってなんだってそうでしょう。。。一番最初に与える人となりの印象だったりするし。まぁ、しょうがない。教えてもらっていないことをとやかく言うつもりはない。だからこそ、できている人は、えらい!!!すごい!!親の教育がしっかりしてる!!って思うよね(笑) あとね、レポートの中には、メカルの講義に関して、否定的とは言わないけど、違うと思います、という意見もあります。あぁ、そういう風に解釈したのね、とか、こちらの意図とは違うんだけどなぁ、とか、なんか挑戦的だな、、、とかあります。(笑) なかでも、今回共感されることと同時にどちらかというと否定的な意見が多かったのは、「自分のことを好きになろう」というもの。嫌いな自分を克服するために努力して、それを繰り返していくから成長できるのであって、自分を好きである必要はない。自分はいつも嫌いな自分を選択して克服してきた。という感じだった。 人には得手不得手があるので、苦手なことも含めてそれを受け入れること、自然体で、それも含めて自分のことを好きでいられること、そんな感じで伝えたかったのですが、言葉なのか何かが足りなかったのか。。。 自分はこれまでずっとこうしてきたし、経験則からしてそう思う。って書いてあって、何年生きてきての経験則何だろうと思ったり。これがさ、60歳の人に言うのであれば、その人よりも自分の経験則を信じるからあなたの意見は違うと思う、と取られてもおかしくはないな、、、と思ったりね。 もちろん、すべて自分を肯定的に捉えてほしい学生を養成するのが大学の講義ではないので、学生のレポートはこれで正解、なのかもしれないけど、それだけの正義を貫いても受け入れてもらえないことだってあるのよね。 あー、メカル自身を振り返っても、そうやって、自分のやり方とかを正当化して、人の話を聞かなかったこともあるなー、だって、各カテゴリーでいつも何かあったもんなー。とか思ったりね(笑)幸いにも、そのときはそれに気づかず、自分を貫くだけのエネルギーがあったからいいけど、それが枯渇していたら、きっとつぶされていた人間だと思う。幸せな人生だわ。と気づいた(笑) まぁ、自分に肯定するだけでなく、否定的な意見をもらった方が、メカルも表現の仕方とか、ニュアンスとかを考えるし、議論を通して学びを深めることになるので、結果的にプラスにしかならないんですよね。 なので、本当にやってよかったなーと思います。 ハンドボールの世界で生きていると、なかなか学びの場がないんです。ユメセンとかで他競技や団体の人と関わって、話を聞くこと、話をすることで、やっぱりびになるし、自分を成長させることができるんだろうなぁと実感。 探究していく、過去の自分よりも今の自分が成長して、パワーアップして、グレードアップして、バージョンアップされて、高まっていく感じが、楽しい。素直に楽しい。うれしい、楽しい、大好き。 マズローの欲求階層説の高次の欲求ね。 もっといろんな経験をできるように、アンテナ高く、許容範囲広く、探究心は深く、準備をしていたいものだ。。。 人は人を幸せにする力を持っている。2018年も199日連続で良い積み重ねができました。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。