講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

12月5,15,18,19,23,24,27,28,29,31日

すでに2月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

ハンドボール研究集会⇒ユメセン@滑川東部小学校

月曜日はですね、、、午前中にハンドボール研究集会の実技。

なんとメカル、その実技講師に呼ばれていたんですよ。

研究集会という日頃ハンドボールの指導をされている先生方の前で、

何をやればよいのでしょうか??という感じでしたが(笑)

しかも、当初の予定とは違って、

当日になって小学生55人と参加者の大人も一緒に動くことに。。。

体育館はバスケットコートが取れるかな、、くらいの大きさ。

そしてハンドボールゴールはない。。。

という中で、

「さて、どうしたものか、、、」

と考えていましたが、そこはですね、、、

ユメセンで仕入れたゲームを取り入れてですね、

なんとか全体を動かすことができました。

もっとハンドボール的な要素を含んだ内容にしたかったのですが、

人数とスペースの関係から、あれが精いっぱいだったなぁ。。。

いまのメカルには。。。

子どもたちは90分の長い時間でしたが、

大汗をかきながらめっちゃ動いてがんばってくれました。

ハンドボールの授業というよりは、

体つくり運動とか各競技のアップを兼ねた動きづくり

みたいな内容になりましたが、

何かしらの示唆があったのであれば幸い、、、という感じです。

そのまま札幌から富山に移動し、

滑川市立東部小学校でユメセン。

今回も元気いっぱいの5年生。

しかも、アシスタントは

ばーつくの後輩の筏井りさ氏。

メカルの3つ下で、一年かぶってるみたい。。。

もちろん、メカルは知らんけどね(笑)

https://twitter.com/handball_mekaru/status/1014054715200425985

そして、メカルがユメセンをするにあたり

説明会から授業の内容から一緒に考えてくださった

ディレクターの今井さんが初めて一緒になりました。

子どもたちの弾ける笑顔、、、ってあれを言うんだよね。

っていう感じのユメセンでした。

メカルも至らぬ及ばぬ不十分なところが多々あり、

子どもたちには申し訳なかったけど、

そのときのベストはできたかな。。。

毎回毎回、違う子どもたちと接する。

その中で、同じ内容の話でも、

その場の空気で話す内容も違ってくるし、

リズムも変わってくる。

だから、人生で最初で最後の彼らとのユメセンになる。。。

年間、何度もあるユメセンのうちの一つではなく、

彼らの人生の中のたった1回かもしれないユメセンだと認識してこれからも取り組みたい。

そして、水曜日の福井県立大学の授業の中で、

越前市でユメセンを受けたことがあるという学生が!!

何か覚えている??と聞いたところ、

確か競艇の選手だったような、、、という反応。

それが今に活かされている??と聞いたら、

うーん、、、(笑)

とのこと。

ちょっとやそっとじゃダメなんですよね。

強烈なインパクトを残せるようなユメセンになろう、、、

と思ったメカルでした。

いつかハンドボール以外の子どもたちで、

ユメセンやってもらいました!!!

という子と会えるといいなぁ。。。

どこでどんな人がつながるかわからない。。。

人との出会いは財産。というのがわかりますね。

いつかのための種まきをしておきたいですね。

そして、Twitterとかでガンガン流れてくる

TikTokをやってみることに、、、(笑)

人は人を幸せにする力がある。

2018年も185日連続で良い積み重ねができました。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。