講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

12月5,15,18,19,23,24,27,28,29,31日

すでに2月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

サッカーワールドカップポーランド戦の試合終盤について

ロシアワールドカップでは、

日本はグループリーグを突破し、決勝トーナメントに進出しました。

グループリーグは、すべて格上のチーム。

ランキングを見ても、

「え、チャンスあるん?」

というくらい離れている。。。

サッカーについて全然無知なメカルですが、

日本人が海外のチームと戦うにあたり、

少なからず難しさを実感しているので、

正直厳しい試合になるんだろうな、、、と思っていました。

それがグループリーグ突破ですよ!!!

めっちゃスゲー。

しかし、その過程に葛藤が。。。

最終戦、日本はポーランドに先制され、0-1で負けていました。

このまま負けてはグループリーグ突破が危うい。。。という状況。

ここで、同時進行しているコロンビアとセネガルの試合が動く。

コロンビアが先制した。

1点リード。。。

試合は双方残り時間10分程度。

ここでおさらいをすると、、、

このまま試合が経過して

日本がポーランドに0-1で負ける。

セネガルがコロンビアに0-1で負ける。

こうなった場合、、、

日本とセネガルは勝ち点で並ぶ。

そして得失点差でも並ぶ。

総得点でも並ぶ。

最終的に、イエローカードなどのフェアプレーポイントが低い方が

グループリーグ突破になる。。。

日本にとっては非常に難しい選択なんです。

1、点を取りに行って、引き分け以上で自力でグループリーグ突破を狙う。

2、このままフェアプレーポイントを重ねることなく、失点もせず、セネガルが得点しない可能性に賭ける

あの試合の情況で、これを選択しないといけないのです。

日本の西野監督が取ったのは、後者。

時間いっぱいパスを回し続け、攻めない。

なぜなら、攻撃回数を増やせば、

失点するリスクもフェアプレーポイントを重ねるリスクもある。

選手交代も得点をとるためではなく、

守りを固め、チーム全体を落ち着かせる長谷部を入れた。

試合後は賛否両論でした。

世界のメディアも、いろんな人も、言いたいことを言ってる。

韓国は美しく負けてグループリーグ敗退したけど、

日本は醜く勝ってグループリーグ突破した。

とか、

サッカーに唾を吐いたとか、

なんとかかんとか。。。

それってどうなの??

もし、日本が点を取りに行って失点した場合、

前者を選択しなかったことをまた責めるのかもしれない。

どんなことも、見方を変えたら、立場を変えたら、それは正しい。

結果的にグループリーグ突破した日本代表はすごいと思う。

もし、点を取りに行ってグループリーグ敗退したら、

サポーターはそれはそれで満足して望んでいたのかな。

結果が出たあとなら何でも言えるし。

もしそれで日本代表を応援しないというのであれば、

それはそれでしょうがない。

詳しいことはわからないので何とも言えないけど、

その選択をした西野監督はすごいと思うよ。

どちらもリスクがあるんです。

そして、あぁいうパス回しに徹してリスクをとらないという選択も。

セネガルが点を取るリスクも。

どちらがより批判されないか。

という軸で考えれば、点を取りに行っていたでしょうね。

だけど、グループリーグ突破が目的となるこの試合において、

他の試合も考慮しながらの選択。

きっと、これでセネガルが得点していようものなら、

もう西野監督の今後はなかったでしょうね。

大バッシングだったと思います。

本当にすごいと思う。

それでも選手たちを信じて戦術を変更して結果を出した。

しかもこれまで悪くない先発メンバーを大幅に変えたことも、

非難や批判を怖れていないことを表していますね。

何が言いたいのかというと、

監督は戦術の変更を指示し、

グループリーグ突破のためにそのベクトルをしっかりと示したし、

選手たちは、監督の指示通りに最大限プレイを遂行した。

結果、グループリーグ突破できた。

大きなリスクをとれる、

その覚悟を持っている指導者の下でプレイした方がいいということ。

そんな指導者になかなか出会えるチャンスはない。

スポーツだけではなく、社会生活の中で、

上司と呼ばれる人は、責任と取れる人、

その責任をとる覚悟がある人、

そんな人と出会いたい、仕事をしたいということ。

上の立場の人間が、普段はいばったり、人あたり良くしていても、

いざという時にリスクを取れない、

責任を取れない、逃げる、

みたいなかっこ悪い指導者や上司の下にはつきたくないし、

もしそんな立場になったときに、

かっこ悪い自分になりたくはないと思った。

皆さんの周りの、指導者は上司はどうですか?

厳しくてもいいんですよ。

だけど、最後はしっかりとリスクと責任が取れる人であったらいいですよね。

優しいけど、決めてくれないとかはっきりしない人って、

結局はリスクとれないし人任せだったりするんですよね。

選手がどう思っていたのかは知らない。

日本の上層部がどう思っていたのかわからない。

これがハリルが取った戦術だったらどうなるんだろう。

いろんなことを考えますが、

結果はグループリーグ突破でいいじゃん。

美しく散る、のが美徳だと思っているかもしれないけど、、、

本当にその人のこと好きな人は、

何をしてでも最終的に生きて帰ってこいって願っていると思うよ。

それがルールを破ってではなく、

ルール上許されている行為ならね。

さて、2018年も半分が終わりました。

下半期も元気に生きましょう☆

昨日は朝から川島とウエイトしたよ。

北電の川島君は、GKの川島選手よりも

体重が10キロ重いんだよ。

知ってた??

彼は成長していますよ、、、

攻め切る―指揮官西野朗の覚悟人は人を幸せにする力を持っている。

2018年も191日連続で良い積み重ねができました。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。