講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

10月24日

すでに1月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

客観的に見る。自分の指導風景、動画で見たことありますか??

ハンドボールを始めた中学生の時から

将来は先生になりたいと思っていたメカル少年ボーイ。

中学時代に良き指導者に出会い、

それが基準となってハンドボールを考えることができる。

これ、幸いなり。

だからこそ、指導者を見る目というのは昔から基本的にある。

自分がなりたい職業とか立場とかだからさ、

自然と目が行くのも当然なのね。。。

でさ、指導現場見るじゃん。

指導者の発する言葉のさ、

大半が、というかほとんどが、

90%以上が、ネガティブな感じなのね。

「お前が行けよ、行けって!」

「なんで止めないんだよ」

「だからさー、なんでだよ」

「こうしてこうすればいいじゃないかよ」

こんな感じ。

もう選手はそれを聞いて、言われたことをするので精一杯。

楽しいとか、うれしいとか、そんな基準じゃない。

とりあえず、怒られないようにしなければならない。

おこられるのは誰だっていやだもんね。

それってどうなんだろうね。

メカルはまだ親じゃないけど、

自分の子供がいたらそんな指導者に預けたくないしね。

もっと言えば、シューズの紐くらい結んでほしいんだけど。

選手が靴紐も結ばないで練習してたら怒るでしょ。

でも自分は許されると思っている時点で、

乖離、ですよね(笑)

自分はいいけど、お前たちはダメ。

コートの中で一緒に汗をかいてほしいものだ。

過去記事はこちら。

違和感の正体。汗。かいていますか?

指導者をしている人は、

一度自分の指導風景を映像で撮ってもらってみた方がいいと思う。

メカルも講習会とかで映像を撮っていると、

それをもらって見返したりします。

指導しているときの顔とか、言葉のチョイス、

立ち居振る舞いなどは自分で意識していない部分が見えてくると思います。

最終的にはさ、指導者の個性なのかもしれない。

いいプレイをしても褒めない。

ここぞという時にだけ褒める。

簡単にほめると基準が低くなるからイヤだ、とか

指導者の個性と考え方なのかもしれませんね。

メカルはできるだけ肯定的な発言をするようにはしてる。

もちろん、やり取りの中で

「何してるんだ、ひっくり返すぞ」

とは言うときもあるけど。

教員の指導とかでも映像を撮ってみるというものがあります。

特に体育とかは、生徒が活動している時間がどれくらいあるのかを調べるために、

先生が話している時間やその他移動してる時間など、

研究の中で測ったりしています。

指導者の中でも、自分の指導風景を最初から最後まで見たことのある人は

なかなかいないでしょうね。

でも、見てもらいたいですね。

自分がどんな指導して、どんな顔して選手がプレイしているのか、を。

自分を肯定するのは大事。

だけども、これでいいと思いこむのも危険。

常に自分を疑って、不完全さを認識して、

最善を尽くせるようにしたいものだ。

あと、指導者がつかれて座るくらいなら、

もう練習辞めた方がいいと思う。

指導者が立って動いて一緒に汗がかける時間。

が選手も集中力持って頑張れる時間だと思う。

指導者が座って遠くから怒鳴ってる指導現場が許されてるからこそ、

日本は4時間も5時間も練習するというのが成り立ってしまう。

まぁ、メカルが言うことではないかもしれないけどね。。。

自戒を込めて。

あ、Twitterアカウント復活しました☆

人は人を幸せにする力を持っている。

2018年も160日連続で良い積み重ねができました。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。