講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

7月22、25日

8月8,11,12,15,29日

夏休み中も日帰りできるなら可能です。

すでに10月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

質の良いトレーニングと量をこなすトレーニング

効率のいいトレーニングとか、

シュートに必要なトレーニングありますか?

ってよくTwitterとかでDMが来ます。

ずっと言い続けていますが、

そんなものはありません。

もちろん、効果を実感するものはありますが、

それが万人において当てはまるわけではないのです。。。

何よりもですね、

ドーピングしたところで、筋肉隆々になるわけではないです。

例え、ドーピングをしたとしても、

トレーニングしないことには筋肉は大きくなりません。。。

どうなんだろ、、、ミオスタチン抑制したら

日常生活でも筋肉は大きくなるかな。。。

でも、寝たきり状態でミオスタチン抑制しても

筋肉は大きくならんだろうな。。。

しかも、しっかりと食事をしないことには、

筋肉を作る材料も入ってこないからなー。

端的に言えば、トレーニングするしかないのです。

時間とエネルギーとお金をかけて、

費やすしかないのです。。。

中高生がそれを聞きたい気持ちはわかりますが、

まずは、ネットでも立ち読みでもいいから、

調べてみて、やってみてから聞いてみるといいと思うのです。

メカルもいろんなトレーニングとかを動画に上げたりしていますが、

まずそれをやってみたのか?って話なんですよね。

それをどれくらい続けてみたのか?って話なんですよね。

まぁいいけど。

いま、北電でもトレーニングに時間をかけてやってます。

そして、それをハンドボールにつなげるために、

基礎体力をあげるような動きづくりもしています。

大西トレーナーがいろいろと考えてやって下さるのですが、

本当にいい環境だなと思います。

ここまで専門的にトレーニングについて取り組んでるチームって、

日本リーグの中でもそんなにないし、

トレーニングルームの充実とかも日本リーグトップクラスだと思います。

環境がいいからこそ、

それが当たり前だと思わずにやりたいですし、

何も考えずに言われたことだけやってたらもったいないですもんね。

とりあえず、やる。

人より時間をかけて、数をやる。

できないなら早く始める。

できないなら遅くまでやる。

過去の自分よりもやる。

そうじゃないと、筋肉なんて簡単に大きくならないし、

パフォーマンスは上がりません。。。

メカルは中一の時の野球部で

筋トレしているとき、

腕立て伏せ10回3セットができなかった。

他のメンバーはできてたけどね。

8回とか9回でつぶれる。

でも、みんなと一緒に先に進んでいくから、

できなかった分はあとからやる。

最終的に、時間をかけてでも、みんなと同じだけやる。

みんなと同じようにできるようになると、

10回のところを2回、3回多くやる。

みんなが10回3セットのところを

12回3セットにする。

そうやって時間と回数を重ねてきたからできるようになるわけで、

あとから学んだオーバーロードの原則はまさにこのこと。

数をやらないとわからないんですよ。

数をやるからこそ、効果が上がるんですよ。

効果を上げようと思うと、数をやらないといけないんですよ。

量をやるからこそ質が上がるんです。

質を上げようと思うと量をこなさないといけないんですよ。

もちろん、バランスは大事です。

適度な休養も大事。

練習すればするほど効果が上がるわけではない。

適度な休養は効果も質も向上させます。

休養のときに、いろんな思考をしてよくなっていくんですよね。

精神的なリフレッシュも大事だし。

じゃあ、休みも数を多くして、休み方のを上げようか。

って言われたら困っちゃうけどね(笑)

休みになっても、休み方がわからない人に

いくら休みを与えても生産性は上がらないしね。

パッパラパーな人は「休みだウェーイ」って言って、

夜更かしして大酒飲んで、翌日のトレーニングの影響を及ぼすのであれば、、、

それはいい休み方ではないしね。

数多く休んでいけばそれを覚えるのか、、、

休みが少ないからたまにはそうやって羽目を外すのか。。。

そこは、、、これから考えてみよう。。。

とりあえず、トレーニング、がんばろう。

以下、参考までに。

効率的・効果的なトレーニングを求めている人が最初に読んでほしいこと。

効率のよいトレーニングとは?フォームを意識して回数をこなす。回数をこなしてフォームを固める。

体重を増やしたいと言うのだけれど・・・。やることとは?

フィジカルから逃げることはできない。アスリートは自分を高める可能性から逃げないこと、大事。

トレーニングの組み立て方は?ハンドボールで大事なことはアレだから、と考えたらわかるかな。

ボールゲームのポイントは強度。高い強度でプレイする習慣化が日本とヨーロッパのトレーニングの違い。

トレーニングの強度設定。いつでもどこでもお一人様でも。。。

上達の基本は反復。それには心身ともにエネルギーが必要

気に入った記事をぜひシェアして、リツイートしてくださいね(笑)

人は人を幸せにする力を持っている。

2018年も107日連続で良い積み重ねができました。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。