講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

7月22、25日

8月8,11,12,15,29日

夏休み中も日帰りできるなら可能です。

すでに10月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

サイドプレーヤーがメインになるトレーニングとは?

昨日のトレーニングはサイドプレーヤーがメインの練習。

パスゲームして、シュート打って、

速攻の時の1:1の攻防。

サイドプレーヤーの1:1の攻防。

サイドプレーヤーとポストの2:2

サイドプレーヤーとポストの2:2をきっかけにした3:3

動きのきっかけを制限しての6:6の攻防。

サイドプレーヤーはボールをもらってシュートを打つ。

というのはとても大事なこと。

最終的にサイドにずれてきたのに、

シュートが決まらなかったらダメだしね。。。

でも、それだけだと、少し受け身な感じもする。

ゲームメイクができるサイドプレーヤーになってほしいし、

攻撃のなかで存在感を出してほしい。

と思って、こういう組立てをしたんだよね。。。

サイドからボールが展開されていくというのは、

DFにとっては守りづらい部分があります。

というのも、サイドの位置にボールがあるときには、

中央のDFはどうしても自分のマークとボールを見るために

視野の確保が難しくなります。

ハンドボールのゴールエリアラインはカーブになっている部分があるので、

サイドにボールがおりた時点で、

正面を見ている状態だけではボールを認識することができず、

身体の向きがボール寄りになります。

そうなると、自分のマークをとるのが難しくなるんですよね。。。

なので、幅と奥行きのある攻撃というのは大事です。

そして、それを可能にするのがサイドプレーヤーですね。

北電のサイドプレーヤーはですね、

能力高いと思いますよ。

だけど、あまり整理してハンドボールをしていなかったので、

しっかりとサイドプレーヤーの役割を認識して

教えてあげれば、もっともっと良くなると思うんですよね。

以下、過去の記事。

サイドプレーヤーの3つの重要な働き

ハンドボールのサイドプレーヤーの可能性を大同山城選手から考察する。

なかなかね、サイドプレーヤーがメインになるトレーニングはできないんですよね。。。

どうしても、攻撃の中心になるのはバックプレーヤーだから。。。

でも、高確率のサイドプレーヤーがいてくれるだけで、

チームの攻撃の幅は全然違ってきます。

サイドプレーヤーの重要性を見直してみたいですよね。。。

というのもですね、、、

トレーニングはですね、、、

加算式というよりも除算式。

技術があって戦術があるのではなく、

戦術があって技術が方向づけられる。

端的に言えば、

こんなプレイをしたいから、この技術が必要。

ということ。

速攻で点を取りたいと考えているのに、

セットOFの練習ばかりでは速攻は出ませんよ、ということです。

速攻がしたいなら、DFしないといけないしね。

1:1での突破がメインなら、

ポストのブロックよりも、スライドの方が有効、

みたいな。。。

わかりにくいかね。

まぁ、いいや。

サイドプレーヤーのみなさん。

サイドが主役になることもありますよ。

指導者の皆さん。

サイドプレーヤーに役割と責任を持たせて

プレイさせたら、きっと攻撃の幅が広がりますよ。

まぁ、毎日はできないでしょうけど、

考えておきたいものです。

今日やったトレーニングは、、、

自分で思い返しても、最高だった。。。

だけど、

トレーニング上手にならないで、

試合で活きるように後輩たちをうまく強くさせなあかんな。。。

興味がある人は、メカルを講習会に呼んでください(笑)

もう7月の予定も一つ入りました☆

人は人を幸せにする力を持っている。

2018年も106日連続で良い積み重ねができました。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。