講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

6月 30日

7月 4、11.18.21.22.28.29日

その他平日も日帰りできるなら可能です。

関東以外でもお伺いできます。

すでに8月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

第一志望じゃない場所にいる君へ。

新年度が始まりました。

進級、進学で新しいステージに立っていることと思います。

いまいる場所は、数か月前に思い描いていた場所ですか?

数年前から思い描いていた場所ですか?

あのころの未来に立っている。

その事実は変わりません。

その未来予想図が、

思い描いていた理想とはちょっと違うのかもしれません。

だけど、ですね。

そんなこと言っててもですね、

状況は変わらないのです。

いまの情況が嫌なら、その環境を変えるしかないです。

時として逃げだしてもいいのです。

大事なことは、その環境にいるという自分を嫌いにならないことです。

理想と現実のギャップはあるかと思います。

だけど、すべてを受け入れてからスタートです。

自分を否定して、環境を否定して、周りの人を否定しても、

特に何も変わらないのです。

もしもどうしようもない場合は、

付き合う人をしっかりと選ぶことです。

たのしいの基準は様々です。

ですが、知的好奇心という部分で楽しいと感じることができる。

というのは非常に大事なことです。

そのために、、、

付き合う人を選ばなければなりません。

思い描いていた環境と違う。

周りは思い描いていた意識の高さではない。

その人たちと一緒にいても、自分はなかなか高まりません。

だったら、そんな中でも自分を高めてくれる人と付き合わないといけません。

それが大学の教授だったり、違う学部の人だったり、

部活の先輩だったり、バイト先の上司だったり。。。

様々な場面で、自分を高めてくれそうな人と付き合うしかないです。

そんな環境を選択するしかないのです。

そんな人に出会いたいのであれば、、、

そんな人に相応しい自分になるしかないのです。

本を読んで、話を聞いて、話をして、学んで、

自分を高めてくれる人が仲間として集まってくるような人になるしかないのです。

まずは受け入れることから。

そして、知的好奇心を失わないこと。

あとは、飛び込んでいく勇気を持つこと。

本当に大事だな、と思ったのです。

というのもですね、

昨日から非常勤講師として、

県立福井大学の一般の学生に対してハンドボールの実技指導が始まったのです。

経営学部と看護福祉学部みたいな学部の一年生。。。

時間割の関係上、この二つの学部からしか履修できないみたい。。。

ハンドボールを経験者は数名。

体育でやったことある人も何人かいたけど、

ほとんどが初めてやるという感じ。

しかもですね、学生からしたらハンドボールが未知のスポーツ。。。

他の種目にエントリーしたんだけど、

抽選で漏れてハンドボールに回されました。。。という学生が多いこと(笑)

 言ってみれば、望まずしてここに来た。

という学生が多い。

もっと言えば、県立福井大学が第一志望だという学生が少ない。

他のところに落ちて、ここに来ました。

という学生ね。

横浜市立、信州大学、その他の国立大学。

北海道から来た子になんで福井なのと聞いても、

なんでですかね?

と。

この大学で何かをしたい、

という強い思いがあって来てるのではなく、

想いが届かなくてここに来た。

という学生ね。
でもさ、何かの縁でここに集まったわけだからさ、

初めてハンドボールに触れる人にも、

ハンドボールの良さとか楽しさとか感じてほしいし、

少なくとももう二度としなくてもいい、

と思われるようにしたいものだ。

メカルは彼らの希望する種目をさせてあげることはできないけど、

少しでも満足度の高い時間にしたいものです。
そんな学生に言ったんですよ。

どこにいるかじゃなくて自分がどうありたいか?

だし、

学生時代は人生の中でエネルギーに満ちた状態で一番自分の時間をマネジメントできる期間だから、勇気を持っていろんなことにチャレンジして欲しい。って。

学生からしたら非常勤講師が何を言ってるんだ?

って思うかな?(笑)

でも関係ないよねー。

非常勤講師だろうが教授だろうが、

学生の前では先生だし。
校長だろうが、教育実習生だろうが、

生徒の前に立てば1人の教師だし。

ハンドボールで学ぶ時間にできるかなー??
とりあえず、非常勤講師としての初めての授業は

なんとか終わりましたよー。

人は人を幸せにする力を持っている。

2018年も103日連続で良い積み重ねができました。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。