講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

10月24、31日

すでに1月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

コーチング・ラボ。開催決定しましたよ

コーチングラボやります

新しいチャレンジが決まりましたよ。

IMPAL主催でコーチングラボやります。

ヨーロッパにいる時から思っていたんですが、

コーチがコーチとして学ぶ機会って、

日本ではあまりないんですよね。

ハンガリーにいるときに、

うちのチームの監督が、

その地域の指導者対象の講習会をしたことがあって、

そこには、200人くらいの指導者が集まっていました。

小さい子どもたちの指導者から、

シニアの指導者まで。

もちろん、向こうは2部とか3部リーグまであるから、

それだけ「監督」という位置づけの人も多く、

母数が多いんですけどね。

だけどすごくないですか?

単純に200人の指導者が集まるんですよ。

何もないところに。。。

馬車が日常の足として使われているところに。

馬糞が道路にあちこち落ちているような田舎に。。。

学びの場があるというのが大事

人は知的好奇心を失ってしまったらもうね、それまでなのよね。。。

端的に言えば、「老いる」

「学ぶことを辞めてしまったら教えることはできない」

というのは有名な言葉ですが、

メカルがそれを聞いたのは中学の時のNTSで

当時NTSの委員長だった蒲生さんからでした。

しかしながら、多くの指導者が学校の先生や

自分の仕事の合間などに指導をしているので、

なかなかコーチングに関して学ぶ時間を確保することができないです。

メンタル的なことや運動学的なことは、

書物等も出ているのですが、

ハンドボールに特化したそのような書籍というのは、

なかなかないですからね。

学びの場があるのであれば、

もっといまより、ハンドボールがより良くなるのではないか。

より良いハンドボールを伝えることができるのではないか。

そう考えている指導者も多いはずです。

コーチングラボの位置づけ

今回は、そんな指導者や、

将来指導者になりたいという人が何か新しい発見や気づきを得られるような

時間を共有できたらいいのではないかと思って、

IMPALの全面協力のもと、このようなイベントになりました。

こちらからの一方的な指導論とか、

コーチングスキルなどを教授する時間ではなくてですね、

それぞれの指導者が抱える問題や、

過去の事例などをみんなで考えて、

より良い自分になる、より良いハンドボールを伝えられるように

なれたらいいなと思っています。

どちらかというと、講義というよりも、

交流とか、ミーティングとか、プレゼン大会、

みたいな感じになるかもしれませんね。

文武合一を考える

初回はお金を頂戴しない形で、

みなさんからの意見を吸い上げることと、

今後の展開を考える時間にしたいと思っています。

あとは、少しだけメカルがコーチングに関して紹介をする、

という時間も作ります。

ハンドボールを中心に考えていますが、

それは実際の社会においてもコーチングという部分で

応用可能だと思うんですよね。

っていうか、そうじゃないと意味がない。

ハンドボールで学んだことを社会に還元する。

社会で学んだことをハンドボールに還元する。

大西教授が言ってた、文武合一というのはそういうことだ。

ハンドボールに関しては素晴らしいけど、

それ以外は全く使えないポンコツだって言われるんじゃなくて、

それぞれがいい影響を及ぼすような、

相乗効果を生み出すような時間にしないといけませんね。

INPUT と OUTPUT

まずもって、より良い自分にならんことには、

目の前の選手たちをより良くさせることは不可能です。

より良くなるために、学ぶことが大事ですが、

学びというのはやっぱりINPUT です。

多くの指導者は、自分が選手の時に受けた指導を踏襲して、

いまの選手たちにも指導します。

なぜならば、そうやって練習してきたから。

もっといえば、それで成功してきたから。

かもしれません。

人はINPUT したことしかOUTPUTはできませんから、

過去に受けた指導がINPUT されたら、

いま目の前にいる選手に対してのOUTPUTは、

自然とそうなるわけです。

もちろん、本やDVDでINPUT した

知識、情報、方法論などは、

受け売りだとしても、INPUT したのだから、

OUTPUTできるんです。

そのINPUT の機会を増やすというのがポイントかもしれませんね。

展開としてはまだわからない

今後、このコーチングラボがどんな展開になるかはまだわかりません。。。

だって初めてのことだもの。。。(笑)

だけど、選手に一番影響力があるのは指導者、

というのは間違いないので、

指導者が学ぶという時間が少しでも持てたらいいなと思います。

メカルもコーチに関してはまだまだ勉強の身。

参加してくださった皆さんと一緒に、

向上していけたらいいなと思います。

日本リーグ経験

海外で7チーム経験

日本代表監督の下での経験

それらを少しずつ共有できたらいいなと思います。

共有することで参加くださった方の

何かしらの一助になればいいな、と思います。

なので、みなさん、25日は楽しみにお待ちください。

申し込みは不要です。

当日直接Gajumaruにお越しください。

当日はネット配信しようかなと考えていますが、

どうなるかはわかりません。。。

メカルもわかりやすくお伝えできるように精進します。

人は人を幸せにする力を持っている。

2018年も102日連続で良い積み重ねができました。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。