講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

12月5,15,18,19,23,24,27,28,29,31日

すでに2月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

自分の名前で仕事ができるかどうか。

メカル、お店とかに行くとですね、

店員さんの名札を見るんですね。

できるだけ名前で呼ぶんですね。

それはですね、

名前で呼ばれるとですね、

当事者意識が全然違うんですよね。

「君、上手だよね」

っていうよりも、

「名前は?○○は上手だね」

って言った方が絶対にいい。

だから、講習会等をするときは、

ガムテープとかで名前を貼ってもらうようにしている。

タイトルはハンガリーの鷲尾さんと話していたときに学んだこと。

自分の名前で仕事ができるようにする。

ってとても大事。

例えば、

国会議員の銘苅です。

と言えば、見る目が変わるでしょうし、

人が集まって様々な忖度が出てくると思います。

それが、選挙に落ちてしまったらどうでしょうか?

国会議員じゃなくなった瞬間に人が離れて行ってしまった場合、、、

その人たちは、国会議員という肩書に寄って来た人であって、

銘苅という人間に集まってきた人ではない。。。

肩書によってその人の価値が上下左右するのであれば、

人付き合いは、その時点で打算的ということになります。

逆もまたしかり。

サービス等に対してクレーム入れるとする。

いつもは国会議員の銘苅、として肩書を使っているのに、

そのときだけは、肩書も名前も伏せる。

それって、その時点で自分にとって不利になるかもしれない、

悪いことではないけれども、

感じの悪いことをしている意識があるはず。

都合のいいときだけ名刺を出して肩書を使うけれども、

都合が悪くなりそうなら匿名にする。

それってどうなの?ですよね。

自分の名前に恥じることをしている、

と自分で認めているのかもしれませんね。。。

そんなおとなにはなりたくないものだ。

先日も仙台駅ですごく感じの悪い駅員さんがいたのです。

その日は知らないままに仙台市外から新幹線の切符で乗ってしまったのです。

その駅では、有人改札でした。

なので、駅員さんが切符を切ってくれたのです。

何も疑わずに仙台駅から新幹線に乗ろうとすると、

自動改札機が通らない。

有人改札に行くと、

「どこから乗りましたか?」と聞かれ。

素直に答えると、

「そこは仙台市外なのでここまでの運賃を払ってもらいます。」

とのこと。

「あ、はい。でも有人改札でおじちゃんは切符切りましたよ。」

というと、

「おじちゃんが切っても払ってもらうものは払ってもらいます!!!」

みたいに言われたのね。

いやいやいやいや。

払わないとは言ってない。

ただ有人改札で仙台市街から乗せたそちらの駅員さんはどうなの?

そこで一言「仙台市外なので、仙台駅で清算をお願いします」

って言われてたらなにもストレスなく支払いますよ。

だけどさ、なんなのあの感じ悪い感じは。。。。。

謝れとは言わないけどさ、

完全にこちらに非があるとも思えないけど。

多少はあるにしてもね。

最初から運賃ごまかして乗ろうとしてんでしょ、

みたいなあの言い方と、あの態度。

感じ悪い。すこぶる感じ悪い。

これでもう、仙台駅のJRの印象は良くない。

嫌な思い出が一つ増えた仙台駅。

肩書というのは、そういうものですよね。。。

背負っているバックグランド。

それぞれが所属の顔というか、

名前を背負っているわけで。。。

メカルが変なことしたら、

北陸電力株式会社のあいつが、

ハンドボールしているあいつが、

という風になって、会社や競技に悪いイメージをつけることになりかねない。。

逆もまたしかり、、、ですけどね。

いいことしてもあまり印象には残らないしね。

自分の名前が背負っているもの、

そこへの想像力を持てないとだめですよね。

話がずれました。(笑)

仕事をするときは、自分の名前をしっかりと誇りたい。

そして、所属や肩書ではなく、自分の名前で仕事をしたい。

トヨタ車体にいても、海外の読めないチームにいても、

北電にいても、現役を引退したとしても、

メカルはメカルで仕事がしたいし、

つながりを大事にしたいなと思ったのです。

日本一のチームにいるからその選手の価値が高い、

最下位のチームにいるからその選手の価値が低い、

そんなんじゃない。

銘苅淳という人間を磨いて、

名前を誇って、ご縁を大事に仕事をしていきたいなと思っているのです。

都合のいいときだけ肩書や名前を使って、

都合の悪いときは匿名なんてかっこ悪い大人にはなりたくないね。

という話をお風呂の中で今年の新人にしたのでした。
画像は釧路新聞!

取り上げてくださりありがとうございます。 

人は人を幸せにする力を持っている。

2018年も96日連続で良い積み重ねができました。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。