【ハンドボール】銘苅淳のおにあくま

おごらず にくまず あせらず くさらず まけるな

シュートはまず、どこを狙うのか??

time 2014/03/14

20140313-224821.jpg

シュートはどこを狙うのか???

ハンドボールをしていたら、考えているはずの疑問

今日の井上のブログ
(ハンドボールの井上)で検索。

サイドシュートのジャンプする方向について書かれています。

メカルはサイドシュート専門家ではないので、これに対して何も言えません。
だけど、指導をする時には
クイックで頭の上を狙う。と言います。

これは大学の時から後輩にいってきました。

ちょうど、なぜそう言うのかという質問があったので、
以下に記します。

サイドシュートに関してですが、
クイックで打つという意識があると速く飛び込んで

素早くバックスイングを完了し、シュート体勢に入らなければなりません。

また、頭の上を狙うことで上への意識ができ、

最初から身体を倒してキーパーに制限されることもありません。

キーパーの意識が上に行けば、伸び上がるので、

腰横や下への反応は遅くなります。

クイックで頭の上を狙うことで、

キーパーが一瞬でも固まれば、そのままセーブしてキーパーの反応を見ればいいと思います

よく、サイドシュートはためて遠目まで持っていけと言われますが、

そればっかりで体が開き、体勢を崩して遠目しかない、

というシュートを打つのと、キーパーを操作して

遠目に打つのとでは大きな違いがあると思います。

メカルはサイドシュート専門家ではないのでなんとも言えないのですが、

指導する時にはそこを一番に狙って、

キーパーを固めてからためるシュートを打つように言っています。

少しでも固まればアドバンテージが取れるので、

動かしての近め、股下などの選択肢が出てきます。

もちろん、誰に教えてもらったわけではないのですが、

ジャンプ力がないメカルはそうやってキーパーを固めるようにしています。

とお答えしました。

形態的に大きい、ジャンプ力があるならキーパーの上から打てばいいですね。

でも、メカルはそうではないからいかにしてキーパーを固めるかを考えます。

同様に、バックプレーヤーのシュートですが、

メカルはブロックの上から打つのではなく、ブロックを利用して横から打つ。

もしくはブロックが上がる前に打つ。ことを考えています。

基本的にクイックで打つことを考えています。

クイックで打つことで、ディフェンスの準備が終わる前にフィニッシュすることと、

キーパーが位置を取る前に打ってしまえば、反応するより前に得点できます。

また、ジャンプはディフェンスとの接触を避けるために、真上です。

ディフェンスを交わすために斜め後ろから真横が多いですね。

カットインでは前に跳ぶのですが、

ディスタンスシュートでは接触されていいことはあまりないので避けるようにしています。

なので、走ってきたスピードそのままを前方向に対して使うことはほとんどありません。

ハンドボールを始めたばかりの人にはオススメできない投げ方ですね。

体幹を固めて瞬間的に打つので、ある程度の強さと使い方のトレーニングが必要です。

どうですか??

ジャンプの方向だけをとってもトレーニングに変化が生まれますね。

変化を与えることで、気づきや発見、欲求が生まれると、

トレーニングが楽しくなりますね☆

助走の仕方、つま先の向き、脚の引き上げ、ボールの保持位置、バックスイング、コースの打ち方、キーパーの操作、シュート確率、などなど。

2人組で勝負をするだけでも、いい変化だと思います。

皆さんもぜひ毎日のトレーニングで何か一つ意識としてのアクセントを持ってみてくださいね。

2014年も72日連続でいい1日でした☆

コメント

  • クイックシュートって難しいですよね。

    私は右サイドが主なポジションですが
    シュート練習の時は
    まず遠目上を狙ってしまいます。

    そこから下や股下を狙ったりしますが、
    なかなか思うところに行きません。
    ジャンプ力もないので
    ためて打つこともなかなかできない…

    これから、クイックシュートで頭上というコースも頭に入れて練習してみます。

    トヨタ車体の渡部選手のように
    決定力のあるサイドプレーヤーになりたいですね。

    by 石浦るみ €2014年3月14日 7:00 AM

    • クイックは筋力が必要ですからね。
      右利き右サイドではクイックは難しいですね。
      メカルはいつも足が上がるまで待ちます。(笑)
      上がらなかったら、、、股下を力いっぱい(笑)

      by mekaruatsushi €2014年3月15日 1:21 AM

  • シュートの考え方、教えるの苦手です。
    形態的にも色々な考え方があるのかなぁとも思いますし。
    こういう部分などもNTSなどから指針の参考として出してもらえたら、喜ぶ指導者は僕だけではないんじゃないかなーと思うのですが…。

    今日はトロ函に行って参りました。
    相変わらず素敵な場所でしたよー。
    また、帰国された際にご一緒出来ることを楽しみにしてます!

    by のぶ €2014年3月14日 10:45 PM

    • そうなんです。
      シュートこそオリジナリティが必要ですからね。
      画一的に教えるのはどうかと思います。
      そこでやっぱり、ばーつく出身者が大好きなgood habitsが大事かなぁと。
      トロ函はいつもいつでも最高ですね☆
      吸い寄せられてると思います(笑)

      by mekaruatsushi €2014年3月15日 1:23 AM

  • 先生の知り合い?改め(笑)

    う~ん…勿論、頭の上も狙うけれど、コースと言うより打つタインミングばかり考えていたなぁ。
    最低2つ、キーパーの準備が悪かったらクイック、そうでなければ溜めるって感じに。

    教える側は、それじゃダメかもだけれど、個人的にはセオリー嫌い(笑)

    昔、教わったのは遠目の脇かな~
    必ずしもそうとは思わないけれど、昔の人からすると取られた時のリバウンドがある脇のシュートは、セオリーだったみたいですよ。

    まぁ、自分がよく言うのは外したらどんなシュートでも後悔するんだから、その時、自分が最良だと思ったシュートを打てば良いんじゃないかな~
    適当過ぎかな(^_^;)

    by Take €2014年3月15日 6:59 AM

    • メカルも一般的なセオリーと呼ばれるものはあまり信じていません。
      お前がセオリーになればいいだろ。と言われて育ったので(笑)
      基本がある中で、オリジナリティを出していければいいのですが。。。
      結果は別として、打ちたいシュートを打つというのがまずは大事かもしれませんね。

      by mekaruatsushi €2014年3月15日 3:45 PM

  • ありがとうございます。僕は、サイドシュートとがなかなか入りません。でもこの経験を生かしてサイドシュートを入れたいです5年…

    by 匿名 €2014年12月6日 6:22 PM

コメントを残す

銘苅淳

銘苅淳

ハンドボールプレーヤーの銘苅淳です。 1985年4月3日生まれ。 沖縄県浦添市出身。 [詳細]

スポンサー募集

アマゾン

ハッピーハンドボール第2弾

アメーバブログ

ビーレジェンド


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。