講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

10月24、31日

すでに1月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

人生一度のユメセン。my plesure.


昨日は越前市でユメセン。

武生第二中学坂口分校と、武生第五中学。

生徒数は両手で足りるくらいという少人数クラスでした。
少人数のクラスって、ドキドキなんですよ。

どんな雰囲気のくらすかなー?とか

リーダーシップ取る人がいるかなーとか

話はうまくいくかなーとか。
でもね、大概の場合は、

そんな心配は杞憂です。
今日の生徒のみなさんも、

素直で協力的、みんなで楽しい雰囲気を作れる。

誰も足を引っ張らないし、

茶化したりバカにしたりしない。。。
メカルの話にも集中して、

目をキラキラさせてうなずいてくれる。

みんながそんな空気を作ってくれたから、

メカルもとても楽しく、

これまでよりも少しは伝わるような話になったのかも。。。

教育ってさ、難しい。

もちろん、日常的に教育活動に従事しているわけではない。

だけど、昔から教員志望で生きてきたメカルは、

教育活動というものが、

非常に興味深く、楽しいのです。

今日の生徒のみなさんに、

少しでも何かを残せたかな?

心の琴線に触れる何かがあったかな?

良き変化を促すことはできたかな?

帰りの車の中では反省ばかり。

もっとこういう風に言えば良かった。

もっとこんな表現をすれば良かった。

そう思う度に、

次にチャンスがあれば、こうやって伝えてみようと楽しみにもなる。

ユメセンというのは、

自分の学びにもなり、喜びにもなり、幸せになれる。

my plesure

ってやつですね。
立ち位置としては、

子どもたちに何かを残す役回りという感じですが、

逆にメカルの心の洗濯をして、

真っ白な清らかな濁りのない、

思わず顔をうずめたくなる、純さがあります。

今日もメカルが話をしている時に、

ずっとニコニコして見てくれる生徒がいました。

夢もみんなの前で発表してくれました。

なんか嬉しかったみたい。

それを見て、メカルも嬉しい。

きっと、家族の人も嬉しい。

友だちも先生も嬉しい。

それぞれが、誰かを幸せにする力を持っている。

やっぱり無限大だよなーって思いました。
貴重な機会を提供してくださっている日本サッカー協会、

心のプロジェクトのスタッフの皆さんに感謝をするとともに、

これからも自信を持って子どもたちの前に立てるように精進したいと思います。
彼らにとっても、メカルにとっても、

人生一度の夢の教室。

二度とないあの空間と時間。

メカルの話も、同じことをしてと言われても、

絶対できない(笑)

たった一度のきっかけで何かが変わるかもしれない。

良き変化が生まれるかもしれない。

一生忘れられない何かになるかもしれない。

もしメカルのことを忘れても、

何かインパクトのある言葉が心に刻むかもしれない。

いまこの瞬間の変化があるわかりやすい。
だけど人それぞれだから、

いつ開花するか、どんな花が咲くかわからない。

その人のタイミングで、

その人なりの色と大きさで、

花を咲かせて欲しい。

それを見て幸せになる人がいるから。

そのために、自分を育んで欲しい。
そう、人生はガーデニング。。。(笑)

今日もゆかる日まさる日。

ぐすーじさびら。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。