トレーニングは指導者が。競技は選手がする。

今日は昨日に引き続き、井上くんと中原さんと一緒にブダペストアカデミーのトレーニングに行きました。

アカデミーのトレーニングの前に16歳か14歳以下だと思われるカテゴリーの男子の試合が行われていました。

はっきり言ってそこまでレベルが高くないです。

習熟度が低い。

断然日本の中学生の方が強い。

だけど、ハンドボールの捉え方、考え方が違うので、

ハンドボール自体は激しく、選手の表現は熱いです。

試合は接戦でした。

最後までわからない試合展開。

先日、8Cのブログでも取り上げられていましたが、

監督はずっと立って何かを言っています。

もちろん一喜一憂しますし、エキサイトします。

しかし、試合後は画像のようにミーティングをするのです。

選手をベンチに座らせて、監督が立って怒ってる?諭してる?励ましてる?

たぶん全部やっています。

監督は指摘をすることも仕事なので試合中も大きな声を出しています。

だけど、怒ったままにはしません。

必ず最後は、よくやった、また頑張ろう。みたいなポジティブなことを言って終わります。

怒鳴り散らして選手をふわふわ浮かせたままとか、ドーンと沈めたままにするのではなく、

必ず着地点を定めて現実に戻してあげている感じです。

こっちの人は日本ほど物事を引きずりません。

翌日、数分後には仲良しです。

あれはあれ。これはこれ。

いい意味ではっきりしています。

トレーニングに関しては監督が主導権を取りますが、

競技そのものをするのは選手です。

なので、選手とコーチという関係性はパートナーというか戦友に近いと思います。

上が言うことは絶対で、選手を所有物のように扱い、

将来性も何もなく行き当たりばったり、というわけではありません。

そういえば、ローランドさんが筑波に初めて来たときに研究室からトレーニング場まで一緒に移動したんです。

ローランドさんが何かを持っていたから「僕が持ちますよ」って言ったんですよ。

そしたら、「ヨーロッパでは選手とコーチはパートナーだよ」

って言われました。

それが衝撃でしたね。

そしてこっちに来て感じることは、トレーニングの準備なんかは絶対にコーチの仕事。

だってトレーニングするのはコーチだから。

競技、ハンドボールするのは選手だから。

もちろん、たくさんの器具を使うので選手も手伝いますが、

コーチが準備しているそばで遊んでいてもコーチが目くじら立てることはない。

自分のことは自分でやれ。と言っているのなら、トレーニングの準備はコーチがするべきです。

だって、トレーニングするのはコーチの仕事だから。

選手がやるからって何から何まで指導者のおぜん立てをして、準備するのはおかしいでしょう。。。

コーチの椅子を準備して、飲み物を準備して、たばこや灰皿まで準備することもある??

選手は指導者の所有物ではなく、召使でも、都合のいい存在でもない。

一緒に闘う、戦友だからさ。

もちろん、指導者として預かった選手に対して責任を取らないといけないとは思いますよ。

日本ではどんな指導の現場なんでしょうか??

プレーヤーズファーストですか??

笑顔でハンドボールしていますか?

そこにハッピーハンドボールはありますか?

この場所に、ハンドボールに帰りたいと思えるような場所ですか??

育成年代では勝ち負け以上の何かを得てほしいですよね。

皆さんの周りのハンドボールそのものが素敵なものになりますように。

ハッピーハンドボールをして、ご家庭で晩ご飯を食べながらハンドボールの話をしていますように。

戦友として闘ってはいませんが、

ハンドボールをする仲間としてそう願っています。

こちらの記事もご覧ください。

「指導者を囲んで話を聞いてるって変だよ。」

指導者が選手を尊重する

選手が指導者を尊敬する。

お互いが高めあっていく。

そんな関係性を築けるといいですよねー

日本のハンドボールの現場には

必死に自分で高みを目指す顔と、

それをサポートする、見守るやさしい顔と、

仲間と時間と思い出を共有できる喜びの笑顔

があふれているといいですね。

皆さんの今日もハッピーな一日になりますように☆

あと、たくさんの方々がハッピーハンドボールをご購入してくださっているようでうれしい限りです。

タブレットは限定販売のためご購入をお考えの方はお早めにとのことです。

メカルは販売には直接かかわっておらず、プロの方々にすべてをお任せしていますので詳しいことはわかりませんが、

10インチのタブレットは予定数の半数を切ったそうです。

ぜひ、この週末で。。。

ご注文はこちらからどうぞ

ダウンロード版をお考えの方は、もうしばらくお待ちくださればと思います。

2014年も276日連続でいい1日でした☆

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。