平常心のレッスン。読みました。

平常心のレッスン。読みました。

今日は図書館に行って読書しました。

じっくり本を読むということもなかなかないので、

図書館ってなんだかテンション上がりますね。

喫茶店で本を読んでもいいんだけど、

図書館はまた、いいんですよ。

 

読んだ本は画像の通り。

フリーダイビングで世界一にもなった

岡本美鈴さん著の

「平常心のレッスン」

 

恥ずかしながら、フリーダイビングという競技を知らなかったメカル。

ただ単に息を止めるだけではない、

深く潜るだけでもない。

 

だけど、人よりも深い海を知るために潜る。

シンプルだけど、競技特性と同じで奥が深い。

 

本の内容としては泳げなかった岡本さんが泳ぐきっかけになったこと。

そもそもなんで泳ぎが苦手になったのかという話。

ご自身のフリーダイビングの技術や体力の捉え方とそのコツ。

中学、高校時代の生活の様子や当時考えていたことなどもあります。

お母様の話も面白いです。

 

まったく関係のない分野の方も

読んでいて何かを感じる内容だと思います。

 

もちろん、本というのは読んだ人が何を感じるかというのは、

読者に委ねられているんですけど、ね。

 

がんばれがんばれ。

気合いと根性だ。

というようなバリバリの体育会系の話ではなく、

嫌いならしなくてもいいし、

好きって何だろうとか考えるきっかけにもなります。

 

まだ発売前ですが、

みなさん、ぜひ手に取ってみてくださいね。

 

自分の技術だけを磨くだけではなく、

それを伝えるというステージにも。

フロンティアとして大事なことが書かれています。

 

メカルがフロンティアだとは思わないけど、

生き方としてかっこいいので、

これからも参考にしていきたいと思いました。

 

今日もゆかる日まさる日。

ぐすーじさびら。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。