女性議員の会見に思う

女性議員の会見に思う

‪暴言暴行で問題の女性議員。‬
‪謝罪会見とは表現できない会見の中で、

スポットライトが当たっていると気持ちよくなっちゃうんだろうね。‬

‪楽しそうにしゃべる。‬

‪気に入らない質問に対してはあからさまに斜に構えたような表情。‬

この人、持ってる。

心の中に、生き方の中に、絶対持ってる。

人を見下すというか、自分が偉いというか、あなたたちとは違うんですけど〜〜みたいなやつ。

国会に復帰したらしい。

涙目で女性議員と手を取り合って抱擁。

絶対嘘だな、あの感じ(笑)

本当の友達ならテレビに映る場所であんなことしないし。

お互いにメリットがあるからこそ、その場で見えるように、好感度が上がるように振る舞うんだろうね。

問題が起きてから3ヶ月。

心身の病で入院。

その間も税金で支払われている議員手当をもらっているはず。

議員の仕事は国のためにやることなんですけどね。

その仕事ができなかったことに関してはどう考えてるのかな?
新潮の質問に対して、

そのような趣旨で申し上げたのではありません。

論点がずれています。

なんて反論してたけど、

爆破予告してそのような趣旨で申し上げたのではありません。

趣旨がどうであれ、そのような例え表現がスラスラと出てくることに関して、人格を疑うと言いたいのだよ。

まぁ、絶対持ってるよね。

学校現場なら、この子あるな…と思われてるかも。

勉強が出来る出来ないではなく、ヘルパーや支援が必要かどうか、特別な配慮が必要かどうか…だな。

関西風に言うと、

まぁ、知らんけど〜〜

だな。
その1人の議員のニュースで二日連続、1時間も番組を作ってやっちゃうテレビもすごい。

まぁ、それを見てるメカルもどうかと思うけどね〜

こんな人が人様の税金から手当をもらって、国のために…働いているんだから、

人生はちょっとやそっとの失敗はどうにでもなりそう…という学びをしたということにしよう。

本当に素晴らしい議員さんもたくさんいるんだろうけど、なかなか知る機会がない。

しょーもない議員のせいでイメージダウンするのは、いろいろ残念だよね。

そのリスクが背負えないのであれば、そういう仕事に就くことはないわ。

人生嫌なことを率先して取り組まなくてもいいし。

どうでもいいブログを書いてしまった…(๑>◡<๑)

画像はこの前のエステ体験。

初めてのタイマー機能になぜか大ウケの一瞬(笑)
今日もゆかる日まさる日。

ぐすーじさびら。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。