講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

これ、ヨーロッパ式をそのまま取り入れて成功している一例。

食事が最優先であることは間違いないが、

日本食の良さもあるはず。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170908-00828827-number-socc&p=1
食べるものがその人を作る。

どんなにいいトレーニングをしても、

どんなにいい本を読んでいても、

口から食べる、

誰かと食べる、

という楽しみを持たないことには、

やっぱりなんかさみしいよね。
全ての栄養素は粉から摂れる。
このご時世、間違いではないです。

だけど、食事には、

単に生きていく、タンパク合成する、エネルギー産生する、

以上の精神的な豊かさを追求する楽しみもあると思う。
管につながれても生きていけるいま。

口からしっかりと食事を摂る楽しみを持って、

人生を豊かにしていきたいものだ。
人を良くする事
と書いて食事。

心も体も良くしていける食事をして、

人生を豊かにしていきたい。

もちろん、食事を通して、

生き物や調理者、その場にいる人、自然。

もろもろに想像力を働かせる豊かにもつなげたいところです。
画像は岩手県花巻市の

無ら里さんの朝食。

朝ごはんだけで30品目以上の食材を使っています。

目から口から鼻から、どこからでも美味しい。

手放しで人にオススメできる朝食とおもてなしです。

もし総理大臣が友人でも、

外国からVIPが来ても、

銘苅淳はオススメするわ。

みなさん、花巻に行って体感してください。
今日もゆかる日まさる日。

ぐすーじさびら。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。