お盆について。盆は皿を分けると書きます。

昨日は旧盆のお迎えの日、ウンケーでした。

母の実家、伊是名島に滞在90分の日帰りをして、

仏壇、お墓を回り、線香を上げてきました。

いとこやおばさんのところも周り、

線香をあげることができました。

旧盆のこの時期に沖縄にいることがないので、

本当に久しぶりになります。
昔はこうだった、なんて話を、集まった親戚と一緒にする。

これがいいんでしょうね。

なかなか普段の生活の中で故人を偲ぶ、ということをしないので、

こういう行事や記念日というのは大事だなと思いました。

だってやっぱり、

命は繋がってきてるしさ、

出会った人の影響を受けながらいまがあるわけだしさ、

先祖崇拝は基本だなと思いました。

まぁ、他の宗教とかはどうなってるかわからんけど、

メカルは沖縄でよかったわ、、、と思いました(笑)
ご先祖様のお墓で、仏壇の前で、

お弁当を広げてみんなで話をしながらご飯を食べる。

盆という字は皿を分けると書きます。

みんなで集まって、世代を超えて時空を超えて、住む場所を超えて、

皿を分けて食事をする。

それがどれだけ価値を持つのか、、、

今はわからないけど、いつかわかって懐かしむことができる。

それがお盆の行事なんでしょうね。
今日は中日で明日が最終日。

明日は沖縄県全域??お休みみたいな感じです。
今日もゆかる日まさる日。

ぐすーじさびら。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。