母校那覇西に行ってきたよ

昨日は那覇西に行ってきました。

武道館のトレーニングルームに行ったのですが、休館日。

母校、那覇西にいってトレーニングルームをお借りしてトレーニング。

その後は男女のハンドボール部に少し話をして、

そのまま男子のトレーニング。
90分でゲームまでしたけど、

メカルに圧倒されていた、、、らしい。

圧倒されているようではダメなんですよね。

全国大会に出て圧倒されて終わる。

入試のときに圧倒されて終わる。

就職試験で圧倒されて終わる。

人と会って話をする前に圧倒されて終わる。
初めてのことに面食らってしまい、

しょうがないとは思うけど、

しょうがないではなんだか悔しい。

いつかのそのときが来たとき、

自分を表現できるかどうか、ですよね。

例えば、

メカルがもしも大学の先生なら、

全国大会に出ていない那覇西の練習を見て、

一歩釣りするかもしれないし、だれかにしょうかいするかもしれないし、

何が起きるかわからないし。。。

そのチャンスが来るかどうか、

ギラギラ感とかキラキラな表現があったほうがいいんですよね。

準備がチャンスに出会うこと。

それをラッキーと言ってます。

チャンスは準備している人にしか見えないし、

自分からアピってはきません。
自分のマックスを少しずつ広げていく取り組みをしてもらいたいですね。

後輩だから、なんだか厳しくなったかな。

まぁ、まだまだトレーニング自体は緩いんだけどね、

言ってることは厳しかったかもしれません。

がんばってもらいたいものだ。
今日もゆかる日まさる日。

ぐすーじさびら。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。