会いに来てI need you !!

アイスランドから無事帰国。

そして沖縄に帰ってきました。

そしてそして、

今日から開催される全中。

今日は開式。

行きます。

県立武道館。

みんなインパルのブースに来てね〜〜(^◇^)
来たらサービスしてあげるー。

ハグね(笑)
そうそう。

世界ユース、ベスト8進出!!!

すごいよー。

過去最高成績。

最高だね〜

次も期待しちゃう〜〜( ̄▽ ̄)
今日もゆかる日まさる日。
ぐすーじさびら。

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • Mass より:

    こんにちは!
    Aron Palmersson の行方を追っていたら面白い記事を見つけたのでシェアさせて下さい。フランスの有名紙レキップの記事なので数字はかなり正確だと思います。とりわけ日本のトップレベルで活躍される学生や実業団の選手は知っておいて損はないかと。

    http://www.hballtransfers.com/scandinavia-4-4-4-4/mikkel-hansen-best-paid-in-the-world

    ハンドボール界での世界最高年俸はPSG handのミケル ハンセンで、月給にして1,000万円以上のサラリー(月給です)、それに加えて彼の場合はスポンサーからの収入、CM、イベント参加なども加わり、トータルで稼ぐ額は日本人Jリーガーの最高年俸の比ではないでしょう。
    サッカーやバスケの高額所得者には劣りますが、日本では人気のバレーボールと比べても、クラブのサラリー、リーグ平均のサラリー、世界最高年俸者の額は大きくハンドボールが上回っています。
    韓国に負け癖のない若い年代の人が一人でも多く世界レベルに目を向けてもらえるとハンドボール経験者としては嬉しいです。

    北米に移住している私が銘苅さんのことを知り応援しているのも、本場で活躍されていたからです。 経験や記録も大切ですが、自分が身を置く場所、とりわけ日本人にとっては、それが海外であることは大きなバリューになっていることは、少なからずメディアの取材を受けている銘苅さんなら実感としてお持ちだと思います。
    昨シーズンは銘苅さんにとっては不完全燃焼なものだったと思いますし、Liga Asobalにも注目していた私にとっては、パフォーマンスよりも筋肉画像ばかりが記憶に残るシーズンでした。シーズン終盤には日本へ帰国することばかりに意識が向いているようにも受け取られました。チームやリーグに馴染めていないのかな、と。

    面識もないのに失礼なことを書きましたが、日本のハンドボール界では選手に厳しい意見はまず出ないので、失礼を承知で、銘苅さんだからこその内容で個人的な意見を書かせていただきました。

    ご本人には私のメールアドレスも認識できるはずなので、ご意見ご批判などあれば、私も受け取らせて頂きます。

    最後になりましたが、応援していますよ!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。