コメントをいただきましたので返信です。

コメントをいただきましたので返信です。

今日は先日のブログのコメントについて。

このブログもですね、

日本にいる時はそれなりにコメントもあったのですが、

今となってはコメントがくる方が珍しくなりました(笑)
10年間、このブログを読み続けている人って、、、

本当にモノ好きね(笑)

以下、お寄せいただいたコメントです。

ーーーーーーーーーーーーーー

先日スポーツ科学の教授のお話をお聞きする機会がありました。

体幹のお話は出なかったのですが、小学生でもできる簡単な筋トレをいくつか紹介してくださいました。

個人の考えですが、体幹トレーニングはそのスポーツをやるにあたって必要なタイミングでの体幹の重要性を体感させる

(ぶれると転ぶ、ぶれないと動かせない、など) 方が子供もわかりやすいんじゃないかなぁと思います。

また、試合前にストレッチで筋肉を伸ばしてしまってはいけないというお話も聞き驚きました。

自分がやっているスポーツでは、当たり前の様に練習開始時にストレッチをしてました。

プロテインへの「間違った常識」も書かれていましたが、正しい情報の収集は大事だなぁと感じました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

体幹を体感させる。

いい響きですね。

メカルも使おう⭐️

ストレッチにかんしては、

今となっては静的なストレッチを運動前に行うことは勧められていません。

メカルは講習会とかで、絶対にストレッチの時間とか取らないしね。

アップの中で必要な動作を入れるようにしています。

動きの中で、動かしながら。。。
もう1つ、コメントをいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

プロテインを飲んだ方が良いにはちょっと疑問を持ちました。

トレーニングをした時はプロテインでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーー

言葉が足りないことが多々あるのですが、

その辺は忖度してくだされば助かります。

まず、子どもにプロテインを飲ませるかということですが、

食事で栄養素をまかないきれない場合、

食事と食事の間が空きすぎる場合、

飲んだ方がいいです。

これまでにも散々書いてきましたが、

食事が基本です。

口から食べる、誰かと一緒に話をしながら食べる、

というのが心身ともに大事なことです。

それでも必要な十分な量をまかないきれない場合は、

プロテイン等のサプリメントを活用した方がいい、

ということです。
子どもにプロテインガンガン飲ませろというわけではないので悪しからず。

大人でも飲みすぎるとお腹を壊しますし、

消化器官への負担もおおきくなります。
そもそもですけど、

喉が渇いたと言って親が出す飲み物で、

水、お茶、スポーツドリンク、牛乳、フルーツジュース、

いろいろです。

それぞれメリットがあります。

スポーツドリンクは糖分もミネラルやイオンもちれます。

牛乳にはたんぱく質、イオンなど豊富な栄養素が含まれています。

フルーツジュースには糖分もビタミンも豊富です。

まぁ、プロテインなら、それらほとんどが一回でとれる、

くらいで考えておけばいいのでしょうか。
メカルも小さい頃の粉ミルクは大豆由来のものだったみたいです。

ソイプロテインだわ。
まぁ、子どもはさ、親から出されたものを選ぶことがほとんどできません。

栄養よりも美味しいがずっと大事かもしれません。

だからこそ、美味しくて飲みやすく、栄養価が高い。

というのが大事ですね。


まぁ、メカルは普通の食事ではまかなうことが難しいので、

ビーレジェンドを飲んでいます。

子どもには食事を楽しむということを教えてあげたいですね。

それの補助でプロテインをお考えください。

砂糖たっぷりの炭酸飲料や果汁少なく砂糖と水をたっぷりのフルーツジュースなんかよりは、

圧倒的にプロテインをお勧めしますけどね。

もちろん、量は調整すべきですよ。
今日もゆかる日まさる日。

ぐすーじさびら。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。