講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

リーグ再開とゲームメイク

今日はリーグ戦の再開でした。

相手はジュニアのチーム。
前回は危ない橋を渡るような試合でなんとか一点差で勝っている相手。
今回はホームだし負けるわけにはいかず…

しかし、今回は相手の選手の主力が来ていない。
あれーって感じでしたが、試合が始まってみればシーソーゲーム。

前半からキーパーがなかなか取れず、苦しい展開が続きます。

だけど、なんとか16ー13で折り返します。
後半はディフェンスが安定してセーフティな点差になりますが、終盤に詰められて29ー26で勝ちました。

メカルはスタートから攻守でフル出場。
前半はセンターでずっと試合に出ていました。

先日、コメントにセンターでのゲームメイクをどうしたらいいですか?とあったので合わせて…。

メカルがセンターでやっている場合、相手のディフェンス隊形を見て攻め方を決めます。
6:0ディフェンスの場合はポジションチェンジをしてから攻める方が多いです。
3:2:1などの高めのディフェンスに対してはダブルポスト移行などのシステムチェンジをします。

効果的だと感じたきっかけに対しては何度も繰り返します。
あれもこれも、よりはこれの中で、次はこうして、次は発展させて…と続けますね。
今日も、前半からセンターポストのクロスを多用したんです。
5:1でトップが高めだったので、そこを攻めて欲しかったんです。

それをきっかけにして、サイドを切らしたりしたかったんです。
でも、攻撃が止まった。
左バックの若い選手はセンターにポジションチェンジして来た時に、けん制をかけられてボールがもらえず、止まるんです。

メカルは1:1をすればいいのに。
と思ってやってたんです。
右バックも右利きだったからか、うまくいかない。
センターに入って高い位置でもいいから、こっちに振ってくれれば、こっちが広いのに。
と思っていたんです。

がしかし、左バックの若い選手は、なんで同じことばっかりするんだ!!とメカルに文句言ってきました(笑)

メカルも、スペースがあるんだから、なんで1:1をしないんだ?と言いましたが…。
基本的に一方的に言われます。(笑)

センターとしてゲームメイクするにはチーム内の共通意識が必要ですね。

もっと細かいところまでは、こうして、あぁして、と言えたらセンターは楽しいと思うのですが…
メカルもまだまだ全然ですね。

センターのゲームメイクは監督のやりたいハンドボールの象徴でもあると思うので、監督と話をしてどうしたらいいのか詰めていけたらいいですね。
その中で、ゲームをこなしていけば自分からアイディアも出てくるし、効果的な攻撃に繋がってくると思います。

今週は土曜日にも試合があります!
また土曜日に向けて状態を上げて行きたいなと思います!!

2014年も28日連続でいい1日でした☆

画像は日本からの救援物資。
ハンガリーでは柿ピーとうまい棒が評判良かったのでお願いしたらこんなにたくさん(笑)
お世話になっているルームメイトも柿ピー好きだったしね~。

シェアする

フォローする

コメント

  1. hika より:

    銘苅選手、わざわざリクエストに答えてくれてありがとうございます(^-^)/
    とても参考になりました!まさに、ハンドボールはチームプレーで成り立つ(監督も含めて)ということを再認識できました❗️((((;゚Д゚)))))))
    早速プレーの参考にさせていただきます(^o^)

  2. meka より:

    hikaさん
    ゲームメイクは難しいのです。
    賢い選手や予測的に見れる選手、分析できる選手がやっぱり向いていますね。
    でも、それらは育むことができます。
    知識と経験をいっぱい詰め込んでくださいね。

  3. 専カメ@。 より:

    小学生相手に20年になります。
    あまり考えていません。笑
    が、
    水泳技術は二の次にしていますね。
    細かく指導はしません。特に最近は。
    先ずはenjoy swimming!
    水の中でいろんな動きをさせる。
    子供たちの個々の中でいろんな発見、気付きに繋いでくれたらいいなと思っています。swimmingschoolではないので、自由にやらせてもらっています。swimmingschoolでは出来ませんね。テストがあり、カリキュラムがあるんで。
    で、中学になって違う部活に入っても水中運動はして欲しいと思っています。筋肉を適度にリラックスして欲しいので。
    かいりさんは解ってくれてて良く泳ぎに行くみたいです。
    まだまだ指導力不足ですが、えらそうな指導者にならないよう精進して行こうと思っています。

  4. meka より:

    せんかめさん
    長いからって流し読みにしているから違う記事にコメントするんですよ!!!(笑)
    好きにさせる指導者が一番だと思います。
    好きこそ物の上手なれですもんね。
    どんなに素晴らしい戦術を持っていてもいいトレーニングしてもやってる人間が好きじゃないとトレーニング効果は得られないですから。
    水泳技術指プラスαの部分が重要視されることもあります☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。