講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

遊びの中のシュートとキーパー

今日は監督が事情でトレーニングに来なかったんです。

やっぱり、ゆる~い感じだぜ。

どこに行っても、そうだろうなー(笑)

でも、キーパーコーチがいたから、時間が遅れたけど、ちゃんとやりました~。

その中で最後はポジションシュートを打ったんですが、

ゴールの四隅にビブス引っ掛けておくんです。

対角2色のビブス。

そして、シュートを打つ直前にカラーを言われて、そこを打つというもの。

シューターとしてはカラーを言われたら選択肢は対角の2箇所になります。

でも、キーパーとしても2箇所に絞られます。

その中で駆け引きをしながらもシュートを決めるという練習ですね。

左右と高低差でキーパーの逆を打つ練習。

これが、緩やかな制限の下でのトレーニングですね。

普通に、ビブスをおいてシュートをすることは経験があるかもしれないですが、楽しい。で終わらせたくないですね。

シュート直前にコースを指定されるというのは、

外からの情報をインプットして、

動きでアウトプットするというコーディネーション的な意味合いもあります。

でも、それで終わらせるのももったいない。

シュートの手首の使い方、腕の使い方などを工夫することも大事だし。

キーパーも誘い方や取り方に工夫することが求められます。

流し上から引っ掛け下へ。
引っ掛け上から流し下へ。

逆も然り。

キーパーを動かしてシュートをするいいトレーニングかもしれませんね。

皆さんもたまにはリフレッシュついでにやってみてくださいねー。

テーマを持たないシュート練習は体力トレーニングと時間の浪費ですよ。

あと、ジュニアのトレーニングを指導している動画です。

指導しているのは現役の選手なんですが、いつも違うことをやるんですよねー。
キーパーの動きづくりの引き出しはいっぱいあるよなーと思います。

手足にゴムをつけて負荷を与えて

ゴムで負荷をかけた状態で脚の出し方

ボールを使って手と足の出し方

キーパーアップだけをみて、DVDにしたら、それだけで売れるのになぁ…といつも思います(笑)

2014年も15日連続でいい1日でした☆

シェアする

フォローする

コメント

  1. こうへい父 より:

    参考になります!!
    いつもどおりの。定例の。慣れきった動きの。頭も心もほとんど動かない練習や仕事をしてしまってることがあります。
    改めよ♪今、改めよっと思います(^^)

  2. こりし より:

    今日のタイトルを見て自分達の家族ハンドの事かと思いました(^^;
    それいいですね。次やってみようかな。
    テーマを持って……大事ですね。

  3. のぶ より:

    これは早速購入予約しないといけませんね。わらい
    自由度の高い練習だけで上手くなれたら超一流ですよねー。その中では、緩い制限というのは試合をイメージするのに役に立ちますよね。
    練習のバリエーション、増やさないといけませんね。

  4. makoto より:

    このシュート練習(GK練習)今日やってみよう!

  5. meka より:

    こうへい父さん
    人間は新しいものを好む傾向があります。
    だから、トレーニングは新鮮さを出すためにも変化を起こすのが大事ですね。
    毎日同じことを同じようにやる強さは大事ですが、その中で楽しみを見つけたり、自分で課題を設定したりする力が、生きる力。だと思うんですよねー。
    こりしさん
    やってることは難しいことではないので、あとはそれに気づくかどうかですね。
    既知と既知の出会い。が大事ですね☆
    のぶさん
    メカルも自由な発想と自由なプレイを求めますが、みんなが自由だとまとまらないので、方向付けはします。
    その中での自由なプレイは歓迎しますが、チームの規律もあるのでその設定がムズカシイところですね。
    makotoさん
    トレーニング、ためしてみましたか??
    生徒の反応はどんな感じだったでしょうか?
    日々の変化、楽しみを増やして行きたいですね!!

  6. 丹羽 より:

    いま高校でキーパーをやっているのですが、キーパーアップについて詳しく知りたいです!

    • mekaru atsushi より:

      アップとしては股関節周りのストレッチと強化。
      あとはステップワークなどをしっかりやっています。
      日本みたいにシュートの前に当ててもらうだけということはないですね。アップも別でいいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。