【ハンドボール】銘苅淳のおにあくま

おごらず にくまず あせらず くさらず まけるな

チーム作りとスローガン

time 2014/01/10

チームのモラルってどうやって高めればいいのでしょうか?

チームの中にモラルを高められる選手がいて、それに同調できる仲間がいたらいいですよね。

そういうもの、情熱とかって感染しますよね。

でも逆に、モラルを崩壊させるような人がいるとチームはうまくいきません。
そういう怠惰な姿勢というのは知らず知らずのうちに伝染しますよね。

でも、それぞれのベクトルを定めるのはやっぱり指導者であり、リーダーだと思います。

箱根駅伝優勝の東洋大学のスローガンは
その1秒を削り出せ。
だったそうですね。

メカル、これを見たときに、いいなーと思いました。

これ、どんな立場にある選手でも意識できますよね!

ベストのことをしているつもりでも、もっと削り出せることはないか?と。

箱根駅伝を走ることができるのはチームの中でも限られた選手です。
多くは控えで、サポートに回ることでしょう。

だけど、このスローガンだと、控えの選手でも、1秒を削り出す何かに取り組むことができますね。

1秒タイムを縮められたら、みんなで喜べますね。

それは、ボトルを作った選手かもしれないし、しんどい場面で声かけをした選手かもしれないし、アップを手伝った選手かもしれない。

みんながそれに向かえるものはやはり大事です。
何か困ったら帰るところがありますよね。
自問自答して、これで1秒を削り出せるか?って。

そういう風にチーム作りをしてきたんだなーと思いました。

大事なことは
チームとして戦いに臨めるかどうか?

プレイするのはチームの代表であり、数人ですが、サポートに入る人間も戦いに臨めるかどうか?

そこで今ではモチベーションビデオとか作っているチームもあると思います。
モチベーションビデオはその名の通り、決戦の前にモチベーションを高めることが目的ですが、それを作るのには注意が必要ですね。

以前、モチベーションビデオを見たときに、さっぱりわからない。モチベーション上がらない。というものがあったんです。

メカルは試合に常時出ているわけではないので、全く映ってなかった(笑)
だから見てもモチベーションが上がらなかった。訳ではないです。

作り手の思いが汲み取れたからです。
全員で戦おうと口では言うけど、結局は試合に出ているメンバーしか見てないんだなーって思って。

だってね、ビデオに出てくるいいプレイは7.8人だわけ。
試合に出る人はそれを見てモチベーションが上がるかもしれないけど、そこに存在していない人間からすると、so what?な感じ。

もちろん、いいイメージはわきますが、どことなく他人事のような気がしました。

誰が見てもモチベーションが上がるようなビデオって、やっぱりチームに焦点を当て、サポートでもチームに貢献したいと思える内容だろうし、家族やスタッフなど、サポートしてくれる人も出てきて、この人たちの想いを受けてプレイしたいと思えるものだと思うんです。

普段試合に出ない人は、練習試合の映像でもいいから素材を探して、写真を使ったりしてビデオに使ってたりします。

可能な限り、全員を取り上げることが大事かも…。
筑波のビデオを初めて見たときは感動したもんねー。

何が言いたいかと言うと、チームのモラルを高められる選手は大事。

チームのベクトルを定めることも大事。

それは、みんながチームを想って取り組める空気を作ることですね。
スローガンなり、モチベーションビデオなり、なんでもいいから☆

選手だけでもだめ、指導者だけでもだめ。

でも、それが一番大事。
だからこそ、チーム作りって難しいですね。それがまたうまく行けば楽しいのだろうけど。

皆さんのチームはどんな選手の集まりですか?
どんなチームを目指しています?
どんな取り組みができますか??

とりあえず全力。

みたいな抽象的なテーマだと迷子になっちゃうので、具体的なものの方がいいですね。
年も明けたし、チームは大会も始まるだろうし、ミーティングでもしてみてください(笑)

2014年も10日連続でいい1日でした☆

画像は今日のランチ
メインがこれね。
アップルなんちゃら。
上に乗ってるのがパイじゃなくて、メレンゲなんですよ。
みんな食べなかったけど、メカルはアップルパイ好きだから二皿も食べちゃった(笑)

コメント

  • おばんです☆
    昨日職場の会議でチーム作りの話をしててからの今日のブログで、なんとリアルな話でビックリしました(*´∀`)
    スポーツも職場もひとつのチームプレーなんですよね、なんだかハンドボールを、通して学んできたことがたくさんあるのに、目の前のことに惑わされて周りが見えなくなってる自分がいるなぁと反省しました。
    銘苅くんありがとうございます♪

    by クマ €2014年1月11日 11:10 PM

  • クマさん
    チーム作りに関しては偶然にも去年も同じ日に書いていました(笑)
    チーを作り上げるのは難しいですが、やりがいはありますよね。
    チームでコンセンサスをはかって、チームのメンバーがチームを誇れるチームにしてください☆

    by meka €2014年1月12日 2:55 AM

コメントを残す

銘苅淳

銘苅淳

ハンドボールプレーヤーの銘苅淳です。 1985年4月3日生まれ。 沖縄県浦添市出身。 [詳細]

スポンサー募集

アマゾン

ハッピーハンドボール第2弾

アメーバブログ

ビーレジェンド


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。