講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

スペインはすごいところですよ

今日の帰り道。

見た光景は衝撃でした。

その1

スペインのうちの街。

小さいので、家のドアに直接チラシを差し込んでいるんですよ。

そのチラシがですね、

町中にあふれている。

ドアに挟んでいるだけなので、

風が強ければ飛んでいくし、

ドアを開ければ落ちてしまいます。

今日の帰り道に見たのは、

50代くらいのこぎれいにしている淑女。

買い物から帰ってきて家のドアの前。

持っていた荷物を置いて、

チラシを確認して、

どーでもよかったのか、手で丸めてしまいました。

そしてそのまま目の前の道路に投げ捨てました。。。

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

そんなことあり??

わかるよ、いらないのは。

だけど、そのまま道路に投げ捨てるのはどうなの?

その2

ある日。

親子で歩いていました。

母親は携帯で電話をしている。

子どもは手に持っている紙を

ちぎっては捨て、ちぎっては捨て、ちぎっては捨て。

道路には彼女が勝手に作った紙ふぶき。

それに対して、誰も何も言わない。

もうね、これがね、、本当にね、、、

考えられないんですよ、メカルには。

文化なのかもしれません。

ですが、好きにはなれないのですよね。

この街の汚さはいつまで経っても好きにはならないし、慣れません。

日本の中にもそういう人はいます。

だけど、本当に少数だと思います。

少なくとも、親としてはそういうことをしないように教育をするでしょうね。

もう、びっくりする。

でも、それがこちらの文化なんですよね。

ハンガリーにいる時にも思っていました。

なんて街が汚いんだ。

ブダペストも観光地以外の一本奥に入ると、

うん、汚いな。と思っていましたが、

地方はそこまで汚くなかった。

パリなんかもイメージはきれいだけど、街は汚いし。

まぁ、どこでもそうなのかもしれないけど、

街並みがきれいだからこそ、なんだか残念になりますよね。

もちろん人によるのでしょうが、

そういうのが普通、というか

そういう意識があるのが不思議なんですよね。

まぁ、不思議に思って考えても、

わかりませんけどね。

だって文化ですもんね。

今日もゆかる日まさる日

ぐすーじさびら。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。