【お弁当の皆さんに。たった一つの想像力でみんなハッピーに】

【お弁当の皆さんに。たった一つの想像力でみんなハッピーに】

小学生、中学生、高校生などは

今日から新年度が本格的に始まる、

という人も多いのではないでしょうか?

 

新しいステージになり、緊張でいっぱいだし、

新しい環境になれる、というだけでもエネルギーを使いますもんね。

まずはその流れに乗ること、これが一番大事です。

無理をせずに流れを理解して、乗ることができればスタートしては成功です。

あまり張り切りすぎてもなかなかね。。。

 

ここでひとつ皆さんにおすすめのことがあります。

これはメカルが高校生の時に高校3年間継続したたった一つのことです。

時間にして1分もかかりません。

だけど、その効果は絶大です。

あまり自分がやってきたことで誇れることも、

自慢できるようなこともないのですが、

これはきっと万人にとって受け入れてもらえると思うので、

みなさんにお勧めしたいと思います。

 

それはですね、

お弁当箱を洗う。です。

 

たったこれだけ。なんです(笑)

なんだそれ。

と思った方も多いかと思いますが理由をご説明いたします。

 

きっかけは洗い物

きっかけは家で洗い物をしていた時のことです。

茶碗にご飯粒。

これだけで洗い物というのは面倒が増えます。

その他の油汚れなどもそのままにしておくと面倒なので、

水を入れておくか、ふき取ってしまってから流しに置く。

これは基本ですよね。

まぁ、メカルは絶対に、よっぽどのことがない限り、

ご飯粒を残したりはしませんけど。

そういうちょっとしたことで洗い物の手間を省いたり、

面倒を増やしたりしているんです。

それが毎回だと本当に疲れますよね。。。

 

お弁当箱を洗う面倒

お弁当箱を洗ったことがある人はわかると思いますが、

食べ終わってから時間が経っていると、

汚れも頑固になっていますし、臭いもきつくなっています。

夏場なんか、昼食べて夜洗うとなるとテンションがダダ下がりです。。。

もうお弁当箱を開けた瞬間にぬぁっ!ってなるんですよね。

 

一度経験してわかったこと。

なので、メカルは

高校3年間、お弁当箱を毎日水洗いしていました。

お弁当を食べた後にさっと水で流しながら指でこするだけですけど。

たったそれだけで家で洗うときの負担はかなり軽減されます。

いや、されたはずです。。。

というのも、お弁当箱を流しにおくことまではしていましたが、

それを洗うのは母でしたので。。。(笑)

 

 

高校生になるとお弁当生活の人が増えるかと思います。

もちろん、学食で食べたり売店で食べたり、

都合がつかず、お弁当ではなく買って食べる人もいるかと思います。

でももし、あなたの昼食がお弁当なら、、、

お弁当の仮洗いをお勧めします。

 

 

メカルも自分で洗い物をするまでわかりませんでした。

自分でゴミ拾いをするまでは

落ちているごみに意識もしない、

いつの間にかきれいになっていることに気づきもしない、

というのと似ています。

人は経験して初めて、

その世界に目を向けるということも多いです。

 

わからない、想像できないことなんてたくさんありますし。

なので、このブログを読んでいるお弁当な皆さん。。。

何もスポンジもってキュキュット洗わずとも、

水洗いでぬめりを取るだけでも相当な負担軽減です。

もちろん、家に帰ってから自分でお弁当箱を洗うあなたは、

高校生の時の銘苅よりもはるかにできた人間なので、尊敬します。。。

 

毎日お弁当が食べられるって、本当に素敵なことなんですよ。

メカルはいま、食べたくても食べられないわ。。。

母が作ってくれたお弁当を食べたいと思うけど、

こんな生活をしているとなかなかそんなことにはなりません。

思いが込められたお弁当。

毎日作るのは本当に大変なことです。

 

そんなお弁当を作ってくれる人への想像力。

思いやりを持ちたいですね。

それだけでまた明日も気持ちよくお弁当を作ってくれると思います。

作ってくれたもの、想いが今日のあなたの身体と心を作ります。

ぜひ、お弁当箱の水洗いを3年間続けてほしいなと思います。

 

今日もゆかる日まさる日。

ぐすーじさびら。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。