【ハンドボール】銘苅淳のおにあくま

おごらず にくまず あせらず くさらず まけるな

これが分かれば沖縄通。どれだけ沖縄好きでもこのニュアンスわかるかな。。

time 2017/03/17

これが分かれば沖縄通。どれだけ沖縄好きでもこのニュアンスわかるかな。。

言葉って不思議ですよね。

 

例えばですね、

「くぬたんめーや、ぬーがとっとろとっとろーそーんば?

へーくなーあっこうさーに。」

「あーんしぇ、わらびんちゃーよ。

はなだいたらしてひーこーねーに」

「わんのとぅじよ。ちぶるまぎーのちびぐまー。」

「えーひゃ、ちぶるのはぎとぅし、でぃきやーど」

 

みたいなことを言えばですね、、、

通じるんですよ。沖縄では。

 

でもね、こんな沖縄の言葉というものを学校で習っていない。

たぶん、親と祖父母が会話しているものを聞いて、

自然と覚えるんですよね。

 

まずは耳から入ると思うんですよね。

音として入ってきて、

それの意味を覚えていくというか。。。

 

今日はスペイン語の教室でした。

言語というのは必要なことから覚えていきます。

ママが恋しい。

お腹がすいた。

のどが渇いた。

それら必要なこと、そして興味があることに関してまずは覚えますね。

 

沖縄の言葉なんて、表記するのが難しいんですよ。

沖縄だって地域によっては発音とか違うし、

日本語では表記しにくい音とかあるんですよね。

 

むずかしいわー、本当に。

でも、面白いわー、本当に。

 

習ってもいないのに、話せてわかって使える。

もちろんですね、

最近の子たちはそういう言葉に慣れていないのもあり、

聞いてもわからないこと、たくさんあるかと思います。

メカルも祖父母世代の会話はですね、

本当に難解。

どんなことを言ってるかは分かっても、

詳細まではわからず。

 

沖縄なんて、ここ70年で全然違っていますからね。

戦争中なんて沖縄の言葉は本土の人からするとわからなすぎて禁止だったし、

戦後は標準語が奨励されて、沖縄の言葉は学校で禁止されました。

 

もっと言えば、明治時代から現在に至る100年で全然違う言葉になってますからね。

言葉というものはおもしろいです、本当に。。。

 

みなさんの地域にも独自の言葉がありますか?

沖縄というのは方言どころじゃない違いがありますからね。

九州南部もそうでしょうね。

日本は山が多いし、集落が離れていたこともあるので、

その土地独自の言葉が作られ、話されていたんですよね。

大事にしたいなーと思うんです。

沖縄だからこそ伝わるニュアンス、というものがありますからね。

 

むちゃむちゃ~する。

わじわじ~する。

さわやーさわやーする。

ちむどぅんどぅんする。

ちむわさわさ~する。

ふとぅふとぅ~する。

ちーごーごーする。

ちーちーかーかーする。

あまはいくまはいする。

さーらないさーらない。

ちゃーばいちゃーばい。

ばんみかす。

たっぴらかす。

すぐられる。

ぬらーりる。

あびられる。

 

とかね。

みんな、わかりますかね??

ちなみに冒頭の言葉。

「くぬたんめーや、ぬーがとっとろとっとろーそーんば?

へーくなーあっこうさーに。」

「このおじいよ、なんでこんな遅いの?

速く歩いてよ」

「あーんしぇ、わらびんちゃーよ。

はなだいたらしてひーこーねーに」

「あー、この子どもよ。

鼻水垂らして寒くないかね」

「わんのとぅじよ。ちぶるまぎーのちびぐまー。」

「僕の妻は頭が大きくてお尻が小さい」

「えーひゃ、ちぶるのはぎとぅし、でぃきやーど」

「えー!!頭がはげているのは優秀なんだよ」

という感じです。

 

わかった人は沖縄通ですね(笑)

沖縄に興味がある人にはこれ。

っていうか、沖縄を離れて住んでる人にもこれはオススメ。

この本は面白いですよ。

 

アメブロも更新しています。

今週末はプレーオフですよ。

サイコーに〇〇な日。プレーオフの注目選手

今日もゆかる日まさる日。

ぐすーじさびら。

 

コメントを残す

銘苅淳

銘苅淳

ハンドボールプレーヤーの銘苅淳です。 1985年4月3日生まれ。 沖縄県浦添市出身。 [詳細]

スポンサー募集

アマゾン

ハッピーハンドボール第2弾

アメーバブログ

ビーレジェンド


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。