【ハンドボール】銘苅淳のおにあくま

おごらず にくまず あせらず くさらず まけるな

モチベを高める

time 2013/11/22


今日はモチベーションについて

先日、午前の練習後に監督が選手に対して何か言ってました。

聞くと、練習のアップでサッカーをすることにモチベーションがあって、

サッカーをしなかったからモチベーションが低下して、あまりいいトレーニングじゃなかったとのこと。

我々はプロとしてハンドボールしています。

が、人間だもの。

なので、モチベーションを維持するのも難しい時があるんですね。

そしてその日の午後。

トレーニングはサッカーのアップをしましたよ(笑)

他には、3:3でも6:6でも必ずゲーム形式にして、

勝ち負けを決めるような設定にしました。

やはり、ゲームになると、勝ちたいのでモチベーションは上がります。

こっちの人たちは、そこまでする??と思うくらいに激しくやりますし、

だからこそ、言い合いもするし、ジャッジに対してあからさまに不機嫌になったりします。

でも、集中力も上がってトレーニング効率はいいですよね。

設定を変えることで新鮮さも出てきますし。

どこのチームでもやると思うのですが、

2チームに分けてパスゲームとかするじゃないですか?

10回連続でつないだら勝ち。みたいな。

もうね、毎日のようにやるわけ。

楽な練習ではないし、「またそれ~」みたいなこと思ってました。

こっちでもやるんですよ。

でも、設定の仕方が違います。

4人違う人がボールに触ったら1ポイントで5ポイント先取とか。

あとは、ポートボールのように台をうまく使ってやるとか。。。

ヘディングでパスをするとか。

パスゲームの中でも激しさはあり、新鮮さはあり、つかれる(笑)

面白いですけどね~。

そういう設定の仕方ひとつで、選手のモチベーションは違います。

走る。トレーニングに関しても、

できなかったから罰として走らされる。

怒られないためにとりあえず走る。

殴られるよりはいいかと思って走る。

自分の可能性を広げるために走る。

いろんなモチベーションがあると思うんですよ。

内発的なモチベーションとして。

だけど、その選手の個人の可能性を伸ばす方法として

外発的なモチベーションがあります。

リレー形式にするとか、タイム設定をするとか。

走るトレーニングが大事なことは多くの人が知っていますが、

どうやったらより効果的に走ることができるのか・・・

を考える人が多くはない気がしますね。

ヨーロッパのトレーニングがいいのではなく、

日本のトレーニングが悪いわけではなく、

選手が信じて、実感してやれるトレーニングがいいトレーニングだと思います。

走ることに関してもそう。

選手が否定している中でやっても効果は大きくならないでしょうね。

トレーニング効果を最大限高めるために、

選手の可能性を引き延ばすために、指導者がやること、

その方法論は考えていく必要がありますね。

話は変わりますが、

今日の練習終了後、フットサルの小学生低学年くらいの子供たちが

コートに入ってきました。

何をするかと思えば、3号球でハンドボールし始めました。

彼ら、フットサルの子供たちだけど、ボールをしっかりと握って、

走ってジャンプシュートを打つんですよ。

日本の環境なら小学生が3号球投げるなんて考えられないけど、

こっちではきゃっきゃっ言いながら遊んでいます。

やっぱり、ハンドボールが身近にあってイメージできること、

ボールの質、松やにがあり、ボールを握れること。

これが大きいな。

日本の子供たちとの差を痛感しました。。。

今日は子供達の動画を

画像をクリックすると見られます。
あんなに小さい子でも倒れこみシュートを遊びでやってるという。。。

コメント

  • ちっちゃい子の倒れこみ、すごく可愛いですね!
    今日はモチベーションの話が出ていましたが、私はハンドボールへのモチベーションが下がりつつあったので、今回の動画を見てまた楽しくやりたいと思いました。

    by もえ €2013年11月22日 8:08 AM

  • 今日も、素敵なblogをありがとうございます!
    勝負のなかでも、マンネリ化しないように条件設定を考えたりしています。そういう、新しいルールに対する柔軟な対応ができるかどうかは、とても大切ですね。
    ジャッジの基準に対する対応や、相手のクセを見抜いて対応するとか…。
    選手に条件を考えてもらったりもしますが、なかなか斬新なものが出てこないんですよねー。自分より若いし、ハンドボールなんてぜんぜん素人だから、もっと突拍子のないものを期待するのですが、どうしてもみんな、昨日の練習など、過去に囚われてしまいます。銘苅さんが以前おっしゃっていた、「自由」と「責任」は、まだまだ彼女たちにはうまく乗りこなせそうにはありません。今後とも、そんな彼女たちの成長を楽しみに指導していきたいですね。
    日本は、いよいよインカレが始まります。自分日曜日、見に行ってきます!

    by のぶ €2013年11月22日 11:19 PM

  • もえさん
    動画でモチベがアップしたならそれは良かったです☆
    こんな動画で喜んでもらえるならもっと探しておきます(笑)
    のぶさん
    自由と責任は大事ですが、その引き出しを示してあげないといけないですね。
    その引き出しが少ないから、毎日同じトレーニング、形にはめたトレーニングになるんだと思います。
    何も出さないで自由は得られないですからね。
    こんなこともできるよ、これもあるよ!
    が言えないんですよ。。。

    by meka €2013年11月23日 10:41 PM

コメントを残す

銘苅淳

銘苅淳

ハンドボールプレーヤーの銘苅淳です。 1985年4月3日生まれ。 沖縄県浦添市出身。 [詳細]

スポンサー募集

アマゾン

ハッピーハンドボール第2弾

アメーバブログ

ビーレジェンド


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。