ホームゲーム残り90秒からの攻防

今日はホームゲーム

相手は老舗のAdemar Leon.

一昔前はチャンピオンズリーグでも常連でしたね。

いまでもバルセロナで長くプレイして、スペイン代表でもプレイした

フアニン・ガルシアが所属しています。

彼は身長も170センチ中盤しかないけど、

シュートテクニックは抜群ですよね。

 

ということで試合は26-28(10-9)で負けました

残り90秒同点。

ここで7m+2分間退場を食らってしまいます。

それを決められて1点ビハインドで残り1分タイムアウト。

この攻撃が成功せずに速攻を許し、万事休す。

最後の攻撃でも7mでしょー

っていうプレイがあったけどフリースローで戻されて。。

勝てば大金星だっただけに残念です。

試合中から試合後は大変でした。

会場中が帰れコールを審判に浴びせていました。

今日はコラソンと合成の試合をネットで見ていましたが、

ハンドボールって全然違うね。

久しぶりに日本リーグ見た。

なんか気になったのは、選手が結構審判にものを言ってるのね。

今日の審判は安田・永春ペア。

学生の時から吹いてもらっていたし、よく知ってます。

熱くならずによく落ち着けていたな、、という感じです。

選手同士で熱くなっていた場面もありましたが、

ラフプレイにならなかったのはいいですね。

 

なんだろうね、、、

日本の試合で日本人が審判にものを言ってるとなんか違和感あるけど、

こっちでそんなのを見てると普通なんだよね。。。(笑)

ところ変われば、、という感じでしょうか。。。

 

しかし今日の審判へは

Hijo de putaコールしてました。

娼婦の子どもって意味ね(笑)

 

日本でそんなこと言ってたらさ、

なんて品のない応援。。。って思うだろうね。

見てる方も気分悪くなるわ。って思うだろうね。

メカルも思う。

日本との根本的な違いですね。

今日はファンの人が相手選手に対しても相当なヤジとブーイングをしていました。

メカルが親ならあんな場所に子供を連れていきたくない。。。

あんな感じで子どものころからそれを見聞きしてるから、

大人になってもそれが自然になるんだろうね。

 

まぁ、どっちがいいとか悪いとかないですよね。

日本は日本の良さがあります。

なんかそれを認識した試合でした。

 

明日、日曜日はメカチャンやります。

最近、ゲストを呼ぶのが面倒になってきた。。。(笑)

一人でしゃべります。

一人でも2時間しゃべっちゃうんだもんねー。

Twitterでアンケートしています。

皆さんご参加ください☆

画像は今日の沖縄で行われてた日本リーグで対戦した

豊田合成と琉球コラソンの昭和60年生。

もう32歳になる歳ですよ。

意外としぶとく現役を続けているこの年代。

実は日本リーグを支えているかもしれませんね(笑)

 

今日もゆかる日まさる日。

ぐすーじさびら。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。