一度ハンドボールやったら誰一人として逃したくないという心意気とメカチャンの新しい可能性。

ハンドボールをやめたいと思ったことがあるか?

という質問、アンケートに関して、

10%の人は辞めてしまったとありました。。

ツイートの中には、

監督が人を馬鹿にしたように怒るので、

部員が辞めてしまって人数もいない。

また、指導者からの言葉やプレッシャーが強くて、

うつ状態になったり、ハンドボールをするのが怖くなってしまった。

というツイートもありました。

 

ハンドボールそのものが嫌いになったから、

ハンドボールから離れる。

ということは非常にまれだと思います。

ハンドボールをしているけど、

ハンドボール以外の理由で離れていくと思います。

その理由が対人関係ということとなると悲しいですよね。

人生を豊かにするハンドボールのはずが、

ハンドボールを通しての対人関係が理由になって

ハンドボールから離れてしまうのは、、、非常に残念。

 

いまでも、部員が辞めても

なんとも思わない指導者が多いと思います。

ハンドボールの世界から

ハンドボールの仲間が自分の意と反して離れていくのは、

ハンドボール界全体としてはマイナスですからね。

 

あとは、、、どんな話したっけ??

皆さんからのツイートを話して、

質問に答えているとですね、、、

あっという間に2時間。

一人でパソコンを前にしゃべり続けて、、、2時間。

ゲストもいないのに、、、2時間。

他にできるハンドボール選手いるかな??(笑)

 

他にも、

小学生低学年からの3年間はつらくてやめたかったとか、

審判として罵詈雑言を浴びていやになったとか、

怪我で現役をあきらめた、

辞めたら恩師に申し訳なくて続けることができた、

ハンドボールを続けても自分が上達しないのではないかと思っていた、

自分の能力を信じられなくなってやめたくなった、

というご意見もありました。

 

以下、長いですがどうぞ。

話しの流れで、

集団のモチベーションを維持するにはどうするか、とか

そういう話もしています。

話しの中で出た筑波大学の

谷川先生のご本はこちら。

 

他にも、プロ選手としてプレイを続けること、

移籍をするということに関しての難しさとかも話しています。

プロの世界も華やかだけど、非常でもありますよ。

 

少子化なのに、育成年代のハンドボール競技人口は増えています。

現場の指導者のご尽力のたまものだと思います。

我々が好きなハンドボールというスポーツが、

たくさんの人に愛されて、

たくさんの人の人生を豊かにして、

たくさんのハッピーを育む機会を提供できればいいですよね。

 

それにはやっぱり、、、

組織としての仕組みや取り組み方も大事だし、

現場レベルでの改善も大事でしょうね。

 

メカル、ラジオのパーソナリティやりたいから、

これからもこんなスタイルでメカチャンを展開したいと思います。

ハンドボール好きな人も、最近ハマッタ人も、

メカルのおしゃべりにお付き合いくだされば幸いです。

がじゅまるの店内放送でも流れるかなー。。。

ちょっとポップな話題なら可能性ありだな。。。(笑)

 

画像は2012年の甲斐

メカチャン視聴者でツイッターのサムネイル画像を甲斐にするほど

甲斐が好きな高校生がいてさ、

甲斐はどんな人ですか??って聞いてくるわけ。

メカチャンのテーマとは全然違うんだけど、

そんな感じで聞かれたら答えるっていうのも面白いな。。。

そのときはちょっと思いつかなくてブログ読んでねって言って終わったけどさ。。。

まぁ、今後の課題。

それにしても、、、若いな。イケメンだな(笑)

http://handball-mekaru.com/2012/07/28/kai/

http://handball-mekaru.com/2010/05/19/post-0-656/

今日もゆかる日まさる日

ぐすーじさびら。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。