無双、夢想、無想

無双、夢想、無想

今日はメカチャンやりました。

その中でというか、いつも思っているんですけど、、、

高校時代のメカルって不思議だなって。。。

何度も言ってますが、

筑波に行くと決めて、高校を決めて、

筑波に行くために生活をした高校時代。

高校時代は、筑波に行くと思って、

信じ込んで、それ以外の選択肢がなくて、

自分が筑波にいくものとして信じて疑わなかった。。。

そのために、成績も取り、委員会もして、競技成績を残せるように取り組んだ。

あの、信じて疑わなかったあの頃って、無敵だな。。。

だって、それ以外を考えていないんだもんね。

センター試験の申し込みすらしなかった。

もちろん、一般入試で受かるほどに優秀ではなかった

ので、推薦しか考えていなかったのですが、

推薦取れなかったらどうしてたんだろうね。

筑波に受からなかったらどうしてたんだろうね。。

自分が親なら、少なくとも

「あんた大丈夫ね?本当に大丈夫なの?落ちたらどうするの?」

とか言ってるはず。。。

筑波の推薦は他の大学の推薦とかが終わったタイミングなので、

もしも合格してなかったら浪人してたか、人生終わってたな。

まぁ、終わることはないけど、今の自分はなかったね。

 

信じて疑わない、夢中。

そんな状況で突き進んでいるその瞬間って、

人生の中でそうそうないからさ、

貴重な時間を過ごしたな、って思いました。

素敵な高校時代。

筑波の4年間も人生であんなに自分のことばっかり考えている時間もなかったなと思います。

まぁ、いまも自分のことしか考えていないけど。。。

これから出会う子どもたちに、

信じて疑わない、没頭する、夢中になれる何かを提供できるかどうか。

ハンドボールそのものにはその力がありますが、

いまのメカルにその力はまだないでしょうね。

 

15年前みたいにいまも人生突っ走りたいと思います。

長く生きた分、いろんな不安とかありますけど、

まぁ、自分が死ぬほどがんばっても本当に死ぬことはないしね。

顔晴れやかに朗らかに、顔晴朗。

画像は左から下地ゆいの、細木久未、メカル。

高3の時の国体だな、たぶん。

第9回のJOCオリンピック有望候補選手

ってやつになった三人です。

懐かしい☆18歳の肌に戻りたい。。。(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。