言葉の定義を整える。メカチャンは指導者の言葉について、、です。

今日はリーグ後半戦のスタート。

相手はValladridという老舗チームです。

結果は28-27で勝ちました。

試合を通してリードされることなく、

常にうちの試合展開でした。

やっぱり勝てるとうれしいですね。

 

さて、以下、銘苅淳のHappy Handballをご購入下さった方が

FBに感想をあげてくださいましたので、転載いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【言葉の定義を整える〜部活編〜】
2017年になってから
名古屋グランパス監督の
風間八宏さんに刺激を受けています。

これまでは中学生から大学生までの10年間
自分が選手をしてきたという理由で
ハンドボールという競技に対する勉強を
怠ってきました。
今年になってから
意識して取り組んでいるのは
相手のマークをいかに外した状態で
味方からパスを受けるかということです。
現在私が指導しているのは
高校生になってから初めて競技をやる
という生徒が9割。
まともにやっては
キャリアが長い選手に太刀打ちできません。
そこで先ほど述べた
相手のマークを外した状態で
味方からパスを受ける動きを
試行錯誤して考えていました。
ある時、指導の参考にならないかと
youtubeで動画を見ていた時
今考えていることにピッタリな動画を発見。
すぐさま動画を視聴し
こんなすばらしい動画を
投稿してくださっているのは誰かを
調べてみました。
すると、その人は現在
世界最高峰のスペインリーグで活躍している
現役の日本代表選手だとわかりました。
日本代表選手に対する私のイメージは
幼い頃から競技に携わり、感覚的に
その競技を捉えいる、というものでした。
ところがこの選手は
明確かつシンプルな言葉で
動きについて解説をしてくれていました。
その人こそが銘苅 淳選手です。youtubeの動画で感銘を受けた私は
銘苅選手が作った指導者用動画を即購入。
そこから学んだ内容を、
早速次の日の練習から実践しました。
すると…選手たちにとんでもない変化が!
これまでとは打って変わって
選手たちの動きが力強く、そして
スピーディーになりました。
そのことを即座に
銘苅選手に報告させていただきました。
その際に銘苅選手からいただいた言葉が
【指導する際に、求めることの基準や
定義をはっきりさせてあげるといいですよ】
でした。
まさに目から鱗の言葉でした。
ビジネスの世界でもスポーツの世界でも
成果をあげる人は皆、異口同音に
同じことを言うのだと確信しました。
銘苅選手から教えていただいた、
「言葉の定義を整える」ことを意識して
これからも意識していきます。
私が学ばせていただいた
指導者用の動画はこちらです。

http://happy-handball.smassh.net/

ーーーーーーーーーーーーーーーー

というご感想をお寄せくださいました。

みなさん、Happy Handball ver2はDVDにはしません。。。

ダウウンロード配信のみです。。。

お手数ではございますが、DVD化をお待ちだった方はあきらめてダウンロードしてください(笑)

第一弾も引き続きDVDでもダウンロードでもいけます!!

結構ですね、、、ハンドボール初級者、

ハンドボール指導でどうしたらいいのかわからない方向けでもあります。

第一弾の様子。

第一弾はボールの握り方とか、フットワークとか、

本当に基本的なことからやってます。

あとはコーディネーション的な動きづくりもしています。

パスワークとかオフェンスフットワークも入っています。

二人組のパスとか、オフェンスフットワークとか、

今見ても面白いな。。。(笑)

ポジションごとにシュート練習も紹介してるし、

これはこれで面白い。

 

そして今日、メカチャンやります。

テーマは指導者の言葉について。

これまで指導者に言われてむかついたこと、

泣くほどうれしかったことなどエピソードをお待ちしています。

インパルからのプレゼントもありますので、

#メカチャン

でエピソードを書いて応募してくださいね。

最も印象に残ったエピソードを送ってくださった方に

番組配信中にDM送って返信をもらえたら当選にします☆

画像はこっちでお世話になっているゆうこさんのおこさん。

なおみちゃん。

ゆうこさんは愛知出身ということで、

この前の代表合宿のときにスモールソルト君にお願いして、

つけてみそかけてみそとしるこサンドを持ってきてもらいましたー。

味噌カツするーと言ってました。

やっぱり愛知県民のソウルフードですね~

では、みなさん、また明日。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。