石川祐希みたいにハンドボールも海外派遣できるはず。。。

石川祐希みたいにハンドボールも海外派遣できるはず。。。

まずはこちらをご覧ください。

2度目のセリエAに挑戦中!
石川祐希が語る「イタリアで々」の日々

男子バレー界最高の逸材と言われている石川祐希選手。

彼は大学3年生。

ハンドボールで言えば徳田、玉川と同学年ですね。

そんな彼は、インカレで3連覇を達成して3日後にはイタリアに渡航しました。

そして、数か月のプロ契約を結びプレイしているんです。

2年前にも同じようにイタリアに挑戦しています。

 

大学生はインカレが終わってから、4月から始まる春リーグまでは鍛練期。

試合がないんですね。

だから、その短期間でも海外でプロ契約をしたんですね。

自分の可能性を探る、伸ばすためには、

環境を変えるしかないですね。

だって、石川祐希はすでに大学界、日本バレー界ではエースであり、

トップ選手の1人。

それ以上を目指すのであれば、日本を出るしかないです。

 

ハンドボールでも同様に、

この期間を使って海外挑戦したい、という人がいたらいいですね。

3年前には当時早稲田大学在学中だった東江雄斗が

ハンガリーのメカルのチームに修行に来ていました。

学業もあるため、短期間でしたが、

短期間でも日本以外を知るというのは本当に大事なことだと思います。

これからは、東京オリンピックもあります。

それこそ日本協会が大学にかけあって、

授業の関係や所属チームとの関係をクリアにして、

短期間でも選手を派遣した方がいいかもしれませんね。

契約となるとまた難しいので、

トレーニング参加、ということになるかと思いますが、

それだけでもいいと思うんですよね。

ハンガリーだったら物価も安いから航空券と滞在費入れて15万円。

スペインでも20万円。で余裕。

宿泊はメカルの部屋だけど。

それが一番ネックかな。

徳田ならお金払ってでもホテルに泊まるな。。。(笑)

 

石川祐希でさえ、怪我があったり、コンディションが整わなかったり、

プレイの差があったりして、いろいろと闘っています。

そこでの闘いの経験が、知識が、今後に活かされていくでしょうね。

2年前にも同じようなことを書いていると思いますが、

可能性を探っていきたいですね。。。

 

画像は2世ことハンドボール界の石川祐希。(笑)

 

あー、メカルも石川祐希みたいにさらっと爽やかなイメージになりたい。。。(笑)

石川祐希みたいにさらっとジャンプしてみたい。。。(笑)

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。