講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

5月 24,30日

6月 2,9,10,17,30日その他平日も日帰りできるなら可能です。

ちなみに9,10,17日あたりは関東に滞在予定です。もちろん、関東以外でもお伺いできます。

すでに7月の依頼もあります。

お問い合わせください。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

体重の乗った重い球

今日は試合の翌日ということで軽いランニングに各自フリー
じゃあ、25分走ろうということになり、体育館から歩いて5分ほどの陸上競技場に行きました。
そこで走り始めると、やっぱりみんな思い思いのペースで走り始めました。
メカルは心拍数をあげておきたいので、すこしスピードアップして走ったのですが、
みんなはそうでもない。
あまり試合に出なかった若い選手もあまり走らない。
走っていたら、みんなが引き揚げていくのでメカルも終わりました。
メカルが6週走る間に3,4周しか走ってない。。。
そして、皆さんお分かりと思いますが、
25分のランニングは体育館を出てから歩いて競技場に行くまでも含まれているんです(笑)
どないやねん!!
って突っ込んでみました(笑)
そのあと、ビデオを1時間弱見ました。
監督が昨日の試合でいかにいらついているかわかります。。。
さて、土曜日、ホームだしガンバランバ☆
話変わって、、、
コメントの中に、体重が乗った重い球を投げるにはどうしたらいいのかというものがありました。
ここで問題。
メカル自身が体重が乗った球を投げられているのかわからない。
一般論を書くと、、、
体重が乗った球というのは、エネルギーをどれだけ使えるかということだと思います。
エネルギーのことを考えると、慣性の法則より、
ボール投げる直前の助走のスピードが大事かなと思います。
走りこんで投げる。
というのは、走っている時点でボールにも同じスピードが乗っていることになります。
だから、走るスピードが速ければ速いほどにボールにもスピードが乗っていることになります。
立ち止まった状態から投げるのとではかなりの差がありますよね。
そして、重い球。
球の重さというのは回転の軸と数によって変わってくるということです。
メカルが一番重いと思うのは、ジャイロ回転のボールです。
ボールにバックドライブをしっかりとかけていれば取りやすいですよね。
そのバックドライブの回転数が多ければ、バシッと手に入ってきます。
これはキレのある球と表現されると思います。
ジャイロボールというのは回転軸がボールの中心で
受け手からしてボールの軌道上にあります。
意味わかりますか?
バックドライブがしっかりかかっている球ほど、
ボールの軌道と水平方向に軸があります。
だけど、ジャイロボールだと軸は自分に対してまっすぐあり、
ボールの回転はうずまきキャンディみたいな回転になっているはずです。
このジャイロボール。
初速と終速の差が一番少ない回転になります。
というのも、空気抵抗を受けにくいからです。
やり投げやアメフトではこのジャイロ回転を利用して遠くに投げていますね。
アメフトのボールを投げる練習をしている人も多いのではないでしょうか?
ジャイロボール、シュートに関してはもってこいのボールです。
しかし、パスキャッチになるとかなり取りにくいのです。
こっちの選手はあまりボールの回転とか気にしていないと思います。
投げたいように投げて、結果ジャイロだった。すげーシュートが打てる。みたいな。
なので、綺麗なバックスピンを投げることを強く推奨している日本だと、
ジャイロボールを投げる選手というのがマイノリティで、
すっげーシューターは生まれにくいのかもしれません。
メカルもここでいろいろと投げることについて書いてきました、
実際はどうでもいいと思っています(笑)
もちろん、いい習慣づけは大事ですが。
バックドライブのボールを投げることを強く推奨するよりも、
どんな球でも取ればいいという考えを植え付けることの方が大事だと思っています。
だから、しなりでもロボットでも何でもいいんだけど、
コンパクトスイングでボールをしっかりとコントロールできる投げ方であればいいかなと。
長くなりましたね。。。
メカルはジャイロボールの投げ方知ってるけど、
子供たちに教えたことはないかも。。。
なんて言うんだろう、相反するんだよね、いろいろと。(笑)
でも、それが一番いい投げ方なんだろうけど。。。(笑)
ジャイロを身につけるためにはボールをコントロールできる力が必要ですからね。
まずはそれを身につけてもらわないと困ったサンになってしまいます。
あー、長くなりましたね。
一般的に、体重の乗った重い球を投げるには助走のスピードを意識してください。
あとは、投げるときに体幹でつかまえるイメージで身体の中に力をためるイメージです。
発散してはいけません。貯めるんです。
それを意識してみてくださいね~☆
画像はルームメイトの彼女が晩ご飯を作ってくれました。
お米と、鶏肉をはちみつとマスタードで煮込んだものです。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. るぷらatまつ より:

    GK経験上、
    重いシュートを打たれるとはとても嫌ですが、
    重くない人よりシュートコースが読みやすいです。
    なので、肘や膝がビリビリきます。
    パワフルでだいなみっくなのも魅力ですが、
    緩急あるテクニシャンも活きるこの競技は最高です。

  2. エミ より:

    めかりー今度会ったらジャイロのコツ教えてね:)
    私はかっる~いシュート打ってます(笑)

  3. ryo より:

    初めまして。高校でハンドボールをやっているものです。
    シュートなのですが、無回転気味のシュートはどうなのでしょう⁇
    また、ジャイロボールを投げるにはアメフトのように頭の後ろからボールをリリースした方がいいのでしょうか。

  4. るみ より:

    銘苅さん
    ありがとうございます!
    ジャイロボール、教えて頂きたい~( ॉ ۀ ॉ )
    でもまずは自分のできることから!
    助走のスピードと体幹でつかまえるイメージ
    力を発散させずに貯める…
    あっ、私、ムダに力を発散させてる気がする…
    今度の練習で実践してみます!
    あとは日々のトレーニングも大事にしていきたいです。
    ご丁寧なアドバイス、感謝です!

  5. きんぎょ より:

    今日は国体ハンドを観戦してきました。
    S吉くんvs久保選手の対戦も見れて楽しめました。

  6. meka より:

    るぷらさん
    そうですね。
    メカルのシュートのモットーは誰も打たないタイミング、誰も打たないシュートです。そしてわかってても取れないシュート。
    なんですけどね~(笑)
    エミさん
    メカルは右45の動きをおしえてほしいです!!
    交換しましょう(笑)
    ryoさん
    無回転の方が空気抵抗を受けるので変化は大きいと思います。
    だけど、ハンドボールの場合はそれよりもスピードを重視しますよね。
    ジャイロボールはリリースポイントはあまり関係ないのかなと思います。
    でも、リリースを早めて、後ろで放すのはいいことだと思います!!
    るみさん
    力を発揮しようとすると力を発散することに集中するんですが、貯めることを感覚として覚えたらいいと思います。
    まぁ、最後は発揮するんですけどね~(笑)
    きんぎょさん
    彼らがばーつくを卒業して早、3年??
    国体はそういう楽しみもあるからいいですよねー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。